筑波大大会

20041212
 昨年はリレー大会だったので母校の大会のエリートコースを走るのはこれが初めて.笠間での開催でした.近いと楽です.


 ここしばらくはコンパスを持たないで走っているのですが,おかげで普段の地図読みがいかにいい加減だったのかがよくわかってきました.やはり等高線(目的地と現在地との高低差)への情報がかなり甘いです.地図精度の問題も多少あるだろうけど.
 逆に今日のよかったところは,それに意識を向けることができたことと,普段なら疲れてしまう後半もアグレッシブにスピードを出して走れたことです.
 今はトレーニング期なので,もうしばらくはあんまりオリエンテーリングの改善を考えず,走りっぱなそうと思います.それにより問題点を明確に浮き出すという目的もあります.
 大会は笠間焼のプレゼントがありました.地元団体からの協力がいただけたということはいいことです.会場となった小学校の地図もよく調査されていました。きっと学校に寄付してオリエンテーリングをやってもらう(もらった?)のでしょう.来年以降も地元密着できる大会であってほしいです.
 レースよりも楽しみだったのは大学時代の同期の友人と会えることでした.3月の卒業式以来ずっと会っていなかった人たちに久しぶりに会えたのが嬉しかったです.時間はそんなに経っていないのでみんなそんなに変わってはいないけど,明日は仕事という話を聞くと,みんな頑張ってるなぁ,負けずに頑張らないと,という気持ちにさせられます.
 そのうち大会にも来れなくなる人が増えて来て,みんなと会う機会が減ってくると思うと寂しいですが,でも年に1回くらいオリエンテーリングの会場で会えるような仲でいたいものです.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA