イギリスチーム来日

20050529
世界選手権直前ということで海外から選手が準備にやってきます。この週末にはイギリスチームが来日し、愛知までの移動の途中に富士でトレーニングをするので参加してきました。


彼らが着いた日の土曜日は何もしないということで、我々は丸火で自主練習です。最近、高強度での練習ばかりだったので、少し強度を落として走りました。おかげでテクニカルな練習になり、ここ最近のリズムの悪さが修正できました。やはりたまにこういう練習をするべきですね。
日曜日は二子で練習です。イギリスチームも参加しましたが、来日2日目ということであまり強度の高くない練習でした。なので、体力面ではあまりよい比較になりませんでしたが、ルートプランにおいて彼らより優位であると感じました。沢のヤブと尾根のヤブの質の違いを地図だけで読み取れること、どの程度の斜面であればコンタリングしたほうがいい、といった所でいい判断ができます。これは自信に繋がりますね。
土曜日の晩、番場・西尾と3人だけで村山ジャンボに泊まりました。客が3人だけだったのでちょっと寂しい気もしましたが、広い部屋でのんびりできてよかったです。
その3人で、一杯やっているときに、今年の世界選手権に対するプレッシャーは異様だという話がでました。たしかに異様だと思います。これほどまで、結果を求められる世界選手権はないのではないか。コーチのイーキスが、メンタルトレーニングをしっかり考えておけと言っていましたが、ここに来てその重要性を感じるようになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA