眠レヌ夜ノ思ヒ出

 帰国して数日は蒸し暑さと多分時差ぼけの影響で、なかなか寝付けなかった。なので、報告書作成の参考にと昔の報告書を読み漁ってみた。


 面白かったのはやはり最初の海外遠征だった2002年ブルガリアのユニバー。
 みんな若い。俺なんてどんな写真もカチカチになってるよ。文章も若い。4年って歳月の長さを感じさせる。致し方ない。
 ジョルジュやエミルはこの頃から早かった、と思っていたけど、エミルはショート散々だ。予選はぎりぎり通過、決勝もまったくさえない。将来の世界チャンピョンもまだまだ青い。手を抜いていただけかもしれんけど。
 紺野さん、ゴノンやスモーラよりいい順位で予選通過してるよ。
 ショートで入賞したブルガリア選手はてっきり現在エースのキリルだと思っていたのに、違う人だった。キリルはいまいち早くない。
 なんとイーキスの奥さん、タル・イカヘイモネンがフィンランド代表で参加している。意外なところに接点が。。。
 いまや世界各国のエースを張る選手も青い時期があったのだ。みんな同じ。少しずつ速くなって、世界のトップに立っている。この世代が今は黄金世代。俺たちだって今や日本を引っ張る世代だもの。少しずつ少しずつ速くなって、そして少しずつ衰えていって、20年とか30年後のマスターズで「ああ、あのブルガリアで」って話題になるんだ。永遠のライバルたち。
20060815_wuoc02
今年デンマークで撮った写真、ではありません


眠レヌ夜ノ思ヒ出」への1件のフィードバック

  1. バンバの近況

    過去の軌跡

    日本代表メンバー、こいずみくんのブログに触発され、私も過去の報告書を読んでみました。私の戦歴、JWOC99/00、ユニバ02/04、世界選手権04/05、そして06です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA