これまでの全日本を振り返ってみる

 30日に大阪で開催される全日本選手権まであと10日と迫ってきた。インカレに比べてあんまり語られることのない全日本がなんだかかわいそうなので、気分を盛り上げてみようと思います。
02年3月 京都大会。東山のごつい山、細かい地形。大学4年で初の全日本選手権クラス参加。学生チャンピョンになった後で自信満々だったが、レースは苦しかった思い出しかない。終盤で鹿島田さんにあっという間に抜かれ、日本代表ってあのレベル!?という強烈な印象が今でも目に焼きついている。優勝は村越さん。15位。
03年3月 新潟大会。村松の小さな山塊をつなぐコース。なんだかめちゃくちゃ長かったイメージがある。どんなレースだったかいまいち覚えてないが、後半に歩いたりしてバテバテだった。スタミナ不足を露呈。優勝は村越さん。11位。
04年3月 山口大会。秋吉台のフルオープンとヤブい森。直前で風邪を引いてしまい最悪なレースだった。そんなわけでフルオープンを颯爽と走ることもできず、ゴールするので精一杯。2年連続のスタミナ不足で惨敗。優勝は松澤さん。24位。
05年3月 静岡大会。WOC2005のため海外選手も多数参加。学生時代最後となったレースは04年夏の怪我の影響で十分トレーニングが積めてなくて不安を抱えながらのスタート。しかしレースの感触はとてもよく、後半失速せずに暫定トップでゴール。優勝は篠原さん。過去最高の2位。
06年3月 栃木大会。インカレ以来となる矢板での大会。準備はそれまでの全日本では最高の状態。絶対的な自信をもってのスタートだったが、途中のミスと終盤の痙攣で失速。自信があった分、悔しく落ち込んだ。優勝は紺野さん。3位。
07年6月 北海道大会。残雪を考慮し6月開催となった大会。笹と微地形にはまり、前半ですでに惨敗の予感。調整も不十分で夏の世界選手権の惨敗へと続く。優勝は鹿島田さん。22位。
08年3月 大阪大会。箕面のごっつテレイン。ひとまずトレーニングは順調かな。ついに花粉症を発症したのが唯一の不安材料だけど、オリエンテーリング中は気になったことはないからまあいいや。今日はクラブのみんなと机上トレ。過去マップからテレインの急所をいくつか発見した。やはりみんなでトレーニングするのは大切だね!
 話は変わりますが、来年度もときわ走林会の役員を務めることとなりました。大会開催計画も浮上してきたし、目標達成に向けて充実したオリエンテーリングライフが楽しめそうです!全力を尽くす、です!
 で、去年のクラブ三役で撮った写真と今年撮った写真を見比べてみた。ちょっとスリムな感じ。髪がボサボサだからようわからんけど、実際体重も落ちてるし、昨年の調整不足を克服し今年はうまくやれています。どこまでいけるか楽しみです。
beforeafter


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA