ミドルコースについて

 最近、女性の好みを聞かれたら「サザエさんです」と答えることにしています。気づけばマスオさん(推定28歳)より年をとってることに気づいたよ。そんなあいさつ。
 今月は地図調査三昧でした。2月のときわ大会の準備です。クラブの皆さんに依頼していたエリアが着々と完成し、データを統合していく作業が快感です。ジクソーパズルを完成させるそれに似ているかも。この週末で一通りの調査が完了。リメイクマップですが、まるで違う地図のようです。技術の進歩ってすばらしい。大会はミドルディスタンス競技、私が競技責任者としてコースを設定します。春のインカレミドル対策に、そしてこれから世界を目指す選手にもご満足いただけるコースを提供すべく準備中です。
 ということで、地図も出来そうだしそろそろコースを組む準備をしようかな、というところで、ミドルってなんだ??という壁に当たってしまいました。以下、インカレロング間近という世間の流れに逆行して、ミドルコースについて考えてみることにします。
———————
 日本オリエンテーリング協会の競技規則運用ガイドラインによると、「適度な時間にわたって、速く正確なオリエンテーリングが要求される。小さなミスが致命的となる。」「優勝設定時間 25~35 分」となっている。距離(=時間)は短いけど、その分ミスタイムの比重が大きくなるので注意してね、ということ。
 そういえば大学3年の時、インカレショート前に「ショートは遅く走った奴が勝つ」と言われてびっくりしたことを思い出す。同じ1分のミスでも90分のレースと20分のレースじゃミスの重みが違う。90分のレースならあとで取り返すことができるかもしれないけど、20分のレースだったらもう取り返せない。ミスしないようにするにはどうしたらいいの?どちらかといえば体力派だった私が、まじめに地図読みをするようになったきっかけを与えてくれた言葉だ。
 少し話が逸れたが、ミドルは一般的にテクニカルで難しいと言われる。どうして難しいのか?まず私がミドルコースとして思い浮かぶコースを紹介する。
20081026_middle_woc08f 20081026_middle_woc08q 20081026_middle_woc06f
↑な感じ。とりあえず地形がごちゃごちゃしていてややこしいところ、ヤブでまっすぐ進みづらいところを行かせることでミスを誘発させて、ナビゲーションの正確さや読図力を競わせようというのが最近の流れ。左のなんてちょっとやりすぎな気もする。コントロールの丸の中心さえはっきり分からない。しかしこんなコースをほとんどミスなく進む人たちがいることがもっと信じられない。世界選手権のような世界大会は今後もこういう傾向が続くだろう。日本でもヤブの中の練習は好きなだけできるから、これから世界でミドルを目指す選手には、そういうトレーニングを積んでいくことをお勧めする。
 ちなみに上の話はトップクラスのレースを想定している。ちょっとやそっとのコースではミスしない人たちなので、トリッキーにコースを組んで、無理やりにでもミスをさせようというねらい。富士や加賀海岸ならともかく、日本のおおかたのテレインはそこまで難しいテレインではない。だから上位クラスでは普通にコースを組んでも、ちょっとしたミスが勝負を分けることにはならないだろう。だから、上の例のようにヤブとか小さな特徴物とかにコントロールを置いて揺さぶりをかけるのがいいに違いない。それには精度のよい地図が必要だ。その準備は出来つつある。
 でもミドルは35分程度で競技が終わるからこそ、ミスが致命的になるだけの話。基礎技術が問われるクラスでは必ずしもトリッキーなコースを組めばよいということではない。正置とか歩測とか、ちゃんとこなせてるかどうかを問うコースも必要だ。このへんのさじ加減が難しい。いずれにしても、「技術力が問われる」というテーマがあることは間違いない。走力は当然必要。コントロールで1,2秒ウロウロっとしてしまったことが敗因だった、と言われるようなスリリングなコースを提供したい。
 参考までに最近の世界選手権と国内エリートコースのミドルコース概要(男子)。国内の大会では大体キロ当たり6~7分想定で、35分ウイニングの場合は5.0~5.8km。登りがきつい場所は若干少なめに。
大会,距離(m),登距離(m),優勝タイム,キロタイム
WOC07,6100,110,32’21,5’18
WOC08,5800,245,33’49,5’50
WOC07選考会,4800,225,39’18,8’11
WOC08選考会,5600,165,35’04,6’16
加賀海岸ミドル,5600,270,34’32,6’10
20081026_middle_shoes
調査でボロボロになった靴。記念に。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA