なぜ挑むのか

 今年の更新はもうなし、と思ってたけど。。。 ガンバvsマンUを観ていて、心が動いたので書いちゃえ。
 相手はヨーロッパチャンピオン。歴史も、戦歴も、体格もまったく違って、普通、勝てるとなかなか思えない相手に、臆せず攻めた。相手が絶対的な王者であろうともひるむことなく。結果としては、5点も取られた負けたわけだけど、挑戦者が心から楽しんでいた。その姿になんだか忘れていたものを思い出させてくれた気がする。挑戦の意味は、必ずしも結果だけではない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA