Gratitude

 ときわ大会が無事終了した。開催決定から11ヶ月、みんな本当によく努力したと思う。なにより参加していただいた多くの方に感謝。
 地図・コースも概ね好評でよかった。M35Aなど一部クラスでミドルと呼ぶには長くなりすぎてしまったが、同じ値段でオリエンテーリングを長く楽しめたと思っていただければ幸いである。
 時折アレンジされるトリッキーなレッグで如何に取りこぼすことなく走れるか。ヤブとか湿地とか、体力を使うエリアで如何にロスなく走れるか。それがミドルのコンセプト。
 でも問われるのはあくまで基礎。上位クラスに関わらず、少なからずトレーニングをした人が勝てるコースにしたかった。体力がある人が負けるコースはあってもよいが、体力がある人が勝てないコースは競技スポーツではないと思うから。
 クラブのみんなには本当に助けられた。いくつかエントリー受付ではトラブルがあったが、始まってからは大きなトラブルはなかった。前日にあれだけのんびり過ごせた大会運営は初めてだ。細かなチェックが大の苦手の私を支えてくれたみんなには本当に感謝感謝。個人的なMVPは、初めて計算センタを担当したにも関わらずゴールと会場をネットワークで結び、まだ会場に多くの人が残っている段階で速報をウェブにアップできた某チーフ。頼もしい男は意外なところにいるもんだ。幅広い世代で運営するのは楽しい。これまでの人生で築いてきたものがいろんなところに活かされている。ときどきクラブの仲間を家族のように感じることがある。大切な財産だと思う。
 昨日までは早く終わってほしいと願っていたのに、今日の朝は「終わってほしくない」と思って目が覚めた。充実した11ヶ月をありがとう。すべての皆様に感謝。
20090215_tokiwa


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA