O-Games レビュー

O-Gamesがひとまず無事終了。
オリ・ランはやはり面白い要素が多く、またコースしだいでは初心者でも活躍できるチャンスもあるなど、興行(大会)として展開できると確信できた。ただ大会を盛り上げるならばもっと幅広いレベルで参加者が集まらないと面白味には欠ける。開催場所・時期、そして面白さをいかに伝えるかが鍵になるので研究したい。
091205_orirun
ときわのナイトOは4回目。今年が一番盛り上がった。年々盛り上がっているので次が楽しみ。バタフライループにして、常に森の中で光が交錯する雰囲気を作りたかったので、それはまずまず成功したと思う。その分地図が読みにくくなってしまったのだけど。
091205_changerio
百式はホームテレインということもあり優勝。チーム戦もときわ走林会が優勝。百式の後半、調査範囲なので楽勝と思っていたところが一番つらかった。今は2時間までが限界。3時間は走り続けられるようになりたいな。
里山アドベンチャーで会った人たちがちゃんと僕のことを覚えていてくれたのが嬉しかった。そしてアドベンチャーレーサーがこういうイベントに来てくれているのも嬉しかった。オリエンティア以外の人たちが参加したいと思えるイベントを提供することは(運営は大変な面もあるのは確かだけど)、いろんな意味でよい効果があると思う。
また後でいろいろ書きます。
ときわ走林会ニュースO-NewsO-Gamesウェブサイトにも順次レポートが掲載されるはず。
参加していただいた皆様、運営に協力していただいた皆様、地元の皆様に、まずは御礼まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA