北米選手権 ロング

大会2日目はロングディスタンス競技。今の僕のメイン種目なだけによい結果を得たかったが、残念ながら今日もよい結果とは言えなかった。トップが87分のところ109分。今日もつまらないミスを1つしてしまったが、それらを差し引いても90分後半くらいが限界に感じた。トップはノルウェーの選手だが、北米勢も何人かは90分前後で走っている。北米選手権なら上位が狙えるなんて大口を叩いたことをまず北米の選手に謝らなければならない。調子はよくないと言わざるを得ないが、今は何を言っても言い訳にしかならない。明日のスプリントまで精一杯やるだけだ。しかし今日はとてもタフなレースで、途中で頭が飛びそうになったが、最後まで気持ちを切らさず走れたことは忘れたくない。
結果はアンオフィシャルなものがこちらにアップされている。
ロングコース
ロングコース


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA