Road to France その1

世界選手権真っ最中だが10月に開催されるフランスのワールドカップ10戦目の情報をいくつか紹介。
フランス、ワールドカップといえばRoad to Franceのフレーズ。チケット問題とか大変でしたね。
さて、まずホームページ。このページは違うけど、フランスのホームページってどこも基本フランス語で、英語ボタンを押さなきゃ英語に切り替わらないところが多い。英語がそこそこ分かれば大丈夫と思っているけど、フランス語もちょっと勉強しておいたほうがいいかしら。
開催地はアヌシー(Annecy)。スイス国境も近く。どこかで聞いたことあると思っていたら有名なアヌシー国際アニメーション映画祭をやっているところ。紅の豚とか時をかける少女とかが受賞したあれ。ちなみにそちらは6月開催。
ワールドカップにはなってない前日のインターナショナルスプリントはアヌシーの旧市街地を走れます。なのでこちらも出ることにしました。
20100813_annecyoldtown
ワールドカップになっているロングディスタンスの旧地図の一部はこんな感じ↓
20100813_francemap
急峻な山の上は平らな微地形という日本でもよくあるパターンのテレイン。岩がちで足場は悪そう。足首が弱点なので克服しなくてはならない。
ルートガジェットでぱっと見つかったフランス選手権2005年のコース図↓
20100813_francechamps
このルートは男子エリート2位だった人。1位は世界選手権でもお馴染みのフィリップ・アダムスキだがルートが記録されてなかった。このレベルはさすがにそつなくこなしているが、多分いわゆるAクラスだと思われるコースなんかはトップの選手でもひどいミスをしている。ジョルジュやゴノンといったエースは神がかって速いが、一般のランナーはそうでもなさそうだ。とはいえ今年の世界選手権も新鋭がスプリントでメダル取ったし、侮ることはできないだろう。僕にとって侮っていいライバルは1人もいない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA