富士山麓ロゲイニング2012 その2

さて前回の記事で広すぎたと書いた富士山麓ロゲイニング2012の競技エリア。実際の範囲は南北約17km、東西約13kmに及ぶ。この範囲に全79箇所、4236点(フジサンロク、あー、これ交流会でしゃべろうと思っていたのに言いそびれた!)を配した。こんな広い範囲を12時間で全部回ることはできないので、どこをどうやって回ってくるのが一番良いのか、スタート前の作戦が鍵を握る。
総合力のあるチームは富士山西麓の森を含めた全エリアを含めて効率的なルートを取れる。外周に沿うように全体を回ると一番得点が稼げるのではないかと思う。時計回りにするか反時計回りにするかは問題だが、たぶん時計回りのほうが余裕のあるうちに難しい富士山麓を回れるので安心できるだろうか。その場合、終盤に天子山塊に上がるべきか否かを決断する必要がある。天子に行かなくても会場北部の高原エリアだけ300点以上稼げるのでここで時間調整をするのがよさそう。
体力派のチームは天子山塊の高得点は逃さず、南部の白糸・山宮地区をどこまで攻められるか。ナビ派は富士山西麓を攻めつつ、しかし遠くまでは行けないのでどこで降りてくるのか、初心者チームは田貫湖から野外活動センター北側の範囲をどれだけ回れるか、といったパターンを想定した。
ところでプランを立てる上では自分たちの実力を知っておくことが必要となる。具体的には自分たちのペース、どういうエリアをどのくらいのペースでナビゲーションできるかという感覚。例えば僕の場合、5-6時間のレースであれば市街地は5分/キロ、山や森は10分/キロ、登りと下りはいくら補正する。12時間のレースなので経験値がないと難しいところもあるが、今回のレースの反省から次の機会に活かしてもらえるならば嬉しい限り。
予想優勝得点は2500~3000点の間になるのではと思っていたが、実際は12時間男子でも2000点弱であったので、そのことからも厳しめのコースだったか。しかし撤収時にレースペースくらいで回ってみた感じだと、富士山西麓をがっつり攻めればもっと高い得点が出せただろうとも思う。
撤収では下の緑のルートを3時間15分ほどかけた。フラッグの回収時間などを考えるとほぼ3時間。これで獲得できる得点は816点。もちろん設置もしているので迷うことはないが、実際はワンウェイで、例えば北から南へ抜け、かつ敢えて取らなくてもいいポイントもあるので、3時間で650~700点は取れるエリアではないだろうか。
20120606_pickuproute
このペースでナビゲーションできればやはり2500点以上は狙えるはず。そのためにはもうちょっとナビゲーションスキルが必要になる。話を聞いていると等高線しかないエリアでは苦戦をしたチームが多かったようだ。そもそもそういうエリアを敬遠するチームも多い。たしかにランドマークがないと難しいと感じるかもしれないが、等高線の特徴を読み取れば、あいまいな記載が多い市街地エリアよりも簡単、と僕は思っている。
例えば下の85番の例。車道(林道)を北から進んできて85番にアタックという場合。青丸の辺りからまっすぐアタックしていく。青丸の中の等高線は丸い尾根を示しているが、実際はピークであろう。このピークは見逃さないのでここからアタックを決める(アタックポイント)。ここから南西の方向へ進めばテラス状の緩斜面の上に出る。ここでまっすぐ進めていなくても西向きまたは南向きの急斜面(青線1)にぶつかるので、斜面の角に出るように進路を直せばよい。そこから等高線3本の谷を85番の上にある緩斜面へと降りていく。この緩斜面はやはり85番の三角点のそばで急斜面(青線2)によって区切られているので、その角を目指して行けば85番はもう目の前。
20120606_routeplan 20120606_routeplan2
83番の例でも等高線が読めればアタックポイントからチェックポイントまでのルートが光ってみえるはず。ただし地図から読み取った地形を現地で見つけるというスキルも必要。読図に対して現地読みと言ったりする。これができるようになるには経験を積むしかないのかな、今のところ。
そんなわけで等高線が読めればロゲイニングもますます面白くなります。今後はO-Supportでもそんな実戦的な等高線(コンタ)講習会を開ければと思っていますので、ご期待ください!でも需要あるかな??
お詫び:前回の記事で12時間の部混合の優勝チームのものと紹介したルート図は別チームのものでした。訂正してお詫びします。公式成績は大会ウェブサイトをご確認ください。


富士山麓ロゲイニング2012 その2」への2件のフィードバック

  1. tonbee

    技術がないのに山のポイントに挑んで惨敗した「三河OLC内藤小幡」の内藤です。
    お願いなのですが、出来ましたら歪みのないコース図画像を掲載していただけないでしょうか。
    画質は優勝チームのルート図と同程度で結構です。
    我がチームのGPS軌跡と重ねた画像でお返ししますので、どうかよろしくお願い致します。

    返信
  2. koi

    本当にお疲れ様でした!ずいぶん苦戦されていたようですね。ぜひまたチャレンジしてください!
    さて地図の件ですが、私も完成版のデータを持っていないのです。山の一部範囲であれば下見用にもらった地図データがあるのですが、ブログに載せた範囲程度なのであまりお役には立てないでしょうか??

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA