WOC2012レポート

先日の記事で触れたWOC2012のレポートをアップしました。
2012年世界選手権レポート
ところで2014年以降は現在の世界選手権フォーマットが変わることが今大会中に決まりましたので、そこを目指す選手は今とは違うアプローチをする選択肢もあるでしょう(正確には2017年以降に完全移行で14年以降は大会主催国によって選択可能)。スプリントはこれまで通りの予選決勝方式となり、男女混合のスプリントリレーが加わることになります。スプリント重視の傾向です。
1.スプリント予選&決勝
2.スプリントリレー(男女各2名のミックス)
3.ミドル決勝
4.ロング決勝
5.リレー

ロングやミドルは決勝のみとなり、国枠を獲得する必要が出てきます。日本やアジアのトップには枠を与えられる可能性は高いので、決勝を走るという意味においては今より楽になるのかもしれません。ただそういう状況になったとき、参加するだけで満足できるでしょうか?たぶん未来の代表選手はそうは思わないでしょう。
通常のリレーは存続しますが、個々の力が上がって来ないことには太刀打ちできないという意味でも現状のリレーと大きな変化はないです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA