第4回アジアオリエンテーリング選手権 in カザフスタン

13日よりアジア選手権のためにカザフスタンへ向かいます。
2008年に韓国から始まったオリエンテーリングのアジア選手権。2年に1度の開催で、今回で早4回目の開催となります。第2回大会は日本(愛知)で、第3回大会は中国で開催でしたが、中国ではロングディスタンス種目は実施されず。そのため日本の大会でロング優勝の僕が未だチャンピオンという扱いらしいので、名目上は防衛戦になるわけですが、アジアの強豪たち、そして未知の土地、中央アジア・カザフスタンのテレイン(地形)を相手にするには当然チャレンジャースピリッツが必要です。
ヨーロッパが競技の中心であるオリエンテーリング。アジアでは正直まだまだマイナー競技であり、参加国数も10か国あるかどうかというレベルですが(今年はヨーロッパからのオープン参加はあるかもしれないが)、簡単に勝たせてくれるほど甘い世界でもありません。
近年成長目覚ましい大国・中国、特にワールドランキングでおそらく過去2年はアジア男子のトップに座っているエースLi Qiaoping選手は大きなライバルとなるでしょう。そしてなぜか世界選手権など世界の舞台にはあまり姿を見せないカザフスタン。過去のアジア選手権では日中両国と常に上位争っており、今回ホームという地の利を活かしてかなり高いレベルのパフォーマンスを示してくるのではないかと予想しています。
しかし僕にとって一番のライバルはチームメイトである日本の選手たちです。1年間のスウェーデン留学を終えた尾崎選手、精力的に遠征を重ね勢いのある谷川選手、スプリントに特化してトレーニングを積み日本選手トップクラスのスピードを持つ長縄選手(静岡のクラブメイトでもある)、そして僕と同世代の寺垣内・櫻本両選手、僕がオリエンテーリングを始めた頃からトップ選手でありもっとも長い代表チームの戦友でもある松澤選手。彼らに勝つことがまず何より難しいし、彼らを上回るパフォーマンスを示せればアジアン・ゴールドはほぼ手の届くところにあるのではないかと思っています。なので日本のレースに臨むのと同じような精神状態で準備すればよく、国際大会らしい極度の緊張感を感じることなく、ほどよく準備できています。素晴らしいチームメイトに恵まれていることに感謝。
この大会は僕にとっては憧れの世界選手権決勝への切符を手にするレースでもあります。以前にも触れましたが今年から世界選手権のフォーマットが変わり、世界選手権は決勝1本勝負となりました。過去の国際レースの結果により各国の出場選手数(国枠)は変わってきますが、7月にイタリアで開催された大会では日本の選手たちが数年ぶりに決勝の舞台を走っています。
僕もその決勝の舞台に立つことを1つの目標に、しかしなかなか達成できないまま長くやってきました。今年の国内選考会ではよいパフォーマンスを出せ、行こうと思えばその舞台に立つ資格はありました。しかし、他の事情もあったとはいえ、国内選考会を通っただけで決勝の舞台を走れてしまうということに僕は正直物足りなさを感じ、決勝の舞台を辞退する形となりました。
これには異論もあるかもしれませんが、しかし僕にとっては決勝の舞台というのはそんな簡単に行けてしまってはいけない場所なのです。論理的な理由があるわけではなく、まさに感情論なのですが、国内選考を通り、もうワンステップ厳しい場所を踏まなくては行けない場所であって欲しかったのです。
その希望を叶えてくれるのがアジア選手権です。国枠とは別に各大陸王者は地域枠で世界選手権に出場できます。アジアの切符はもちろん1枚のみ。こんな厳しい関門を通れば、きっと決勝の舞台を心から堪能できると思っています。
大会の情報は正直あまりなく、速報などの演出面もあまり期待できないですが、日本代表ブログなどでのレポートをぜひご覧いただければと思います。もちろん女子も参加します。加納・新井・山本の面白い組み合わせ(?)の3選手たち。応援よろしくお願いいたします。
カザフスタンオリエンテーリング協会: http://www.orienteering.lik.kz/
日本代表ブログ: http://www.orienteering.or.jp/NT/blog/
アジア選手権日程:
 16日 開会式・スプリント
 17日 ロング・ディスタンス
 19日 ミドル・ディスタンス
 20日 リレー(国別対抗)
 21日 スプリントリレー(国別対抗男女混合リレー)・閉会式
20140912_kzf
20140912_map
写真・地図:アジア選手権Bulletin 3 より


第4回アジアオリエンテーリング選手権 in カザフスタン」への1件のフィードバック

  1. 毎日放送「ちちんぷいぷい」折原です

    スプリント、5位入賞、おめでとうございます!
    近況を知りたく、久しぶりにサイトを訪れましたら、カザフスタンに
    いらしたんですね!
    ご無沙汰ばかりで、すみません!!
    取材の機会、またぜひご相談させてください!
    体調に気をつけて、がんばってください!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA