田舎の生活その55

7月の庭

猛暑と聞いていたけれど、暑かったのは梅雨の半ば頃だけ。その日一番暑かった町としてニュースにも取り上げられるほどの暑さだったが、梅雨が明けてからは今のところ涼しい川根本町の夏。

今月は生と死に関する、様々な出来事があった。人生、無事に生まれ、育ち、大人になり、そして老いて死んでいくことは、当たり前のようだけど、その当たり前は決して誰にでも訪れるものではなく、今のところそういう道を進めている自分たちは本当に幸せで、だからこそ一生懸命生きていかなくちゃという想いを強くする。

そしてこの世で見聞きする防ぎようのない様々なアクシデントが、決して他人事ではなく、これから先、自分たちに襲い掛かってくるかもしれない。そういう現実を突き付けられると正直戦慄してしまう。しかし、少しでもその可能性を減らせるように、万が一起きてしまっても素早く適切な判断を取れるよう、日々研鑽していかねばとも思う。そういう意味で、今の仕事はとてもよい経験をさせてもらっていると思う。

20160727b

相変わらずレースには出ていない。しかしマスターズはもう目の前。じたばたせず、できる準備をしっかりして、よりよいパフォーマンスを出したい。数値的目標はライバルが未知数なので適切に挙げることはできないが、1桁順を取れたらまずは及第点ではないだろうか。レース機会が少ないのは確かに不安要素だが、しかしマスターズは予選決勝制。しかもフォレストのロングは予選2レースだ。予選は練習を割り切り、決勝に残れればよいと割り切り、決勝のレースにターゲットを絞って臨みたい。

秋にはイギリスのOMM出場も決まった。ペアの相手はオリエンテーリング仲間の寺垣内航さん。Aクラスで上位を目指すことになる。一応招待選手枠なので、いきなり最上位Eクラスに出ることもできるのだが、オリエンティアとしてはやはりきちんとAクラスで結果を残してからEクラスに出るというステップを踏みたいという気持ちがある。

OMMに向けて体力面ではやや不安があるが、暑くはないしきっと対応できるだろう。ナビゲーション面ではさほど苦労しないはず。どちらかと言えば暴風雨に耐えうるウェアリングやキャンプに慣れることが残された課題だろう。練習の成果を見せられるよう最終調整を進めたい。

いやいや、やっぱ暑くね?

いやいや、やっぱ暑くね?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA