冬の白馬岩岳へ

いつも夏のロゲイニングでお世話になっている白馬岩岳。冬にも来てみたいと言いつつ、思いつつ、なかなか行けないままだったがついに実現。

当日も中央道がチェーン規制になるなど南国育ちの僕らにとっては戦々恐々だったが、なんとか岩岳の常宿、入山登さんへ到着。いつも走っている場所が一面の雪で、違う場所に来ているかのようにも感じる。でも宿やスキー場の中は暑いくらいで、雪国は温かいというのを実感。

翌日も雪。岩岳山頂でスノーシューをやったり、麓でソリをやったりしたが、スポーツと無縁な妻や2歳児連れにはなかなか過酷な環境。今年から始まったというバギーツアーではいつもポイントを置く森の中にも連れて行ってもらい、父はひとり「おおっ、こんなになるんだ」とコーフンしていたが、子供は苦行の顔をし、そのままバギーの上で寝てしまうという。。

このくらいの大雪だと僕自身ほとんど無力であんまり動けないと実感。でも地図や地形から読める情報はそんなに変わらないからナビゲーションはできそうだ。もう少しちゃんと動けるようになったら楽しそう。久しぶりに新しいアビリティを身に付けたいという欲求に駆られた。体力レベルの異なるパーティーで行動する難しさも体験できたし、よい経験。また準備して来よう。

忙しいなかいろいろ案内してくださった岩岳のみなさん、本当にありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA