田舎の生活その72

すっかり冬に。

さて、ここ最近話題に事欠かない相撲協会であるが、騒動が起こる前に放映されたのであろうNHKのプロフェッショナルで大相撲裏方スペシャルが撮りためてあったので流し見した。床山と呼び出し、行司の3人が取り上げられ、行司は立行司の式守伊之助。力士が気合を入れて土俵に上がるのと反対に、彼はできるだけ平静に土俵に上がろうと準備をする様子が映っていた。

しかし数年前に立て続けに軍配差し違えをしてしまったという。しかも(回数はうろ覚えだが)3回目は過去2回の間違いを気にするばかり土俵際にだけ目をやってしまい上体を見ておらず、明かな差し違えという失態だった、と。立行司は短刀を指しているのだが、それは差し違えれば切腹覚悟という意味があるとのことで、立て続けの差し違えに彼は現代の切腹、職を辞すことを考えたそうだが、当時の北の海理事長の計らいもあり休場のみとなり、今も立行司を続けている、と。

失敗しないことも強さだが、失敗しても胸を張って続けられることもまた強さの1つだと思う内容だった。スガシカオの歌詞が沁みる。真剣に見ていたわけではなかったが、妙に心に残ったのだった。

テレビの話題を続けると大河ドラマ直虎も終わってしまった。前にも書いた気がするが静岡ローカルなところも多々あり、当初予想していたよりも興味を引き、すっかり見入ってしまっていた。静岡戦国ロゲなんてなかなか楽しめそうだ。2019年の今川義元公生誕500年祭はチャンスではないか。

この冬、わが家にはペレットストーブが導入された。久しぶりに日曜大工もして入口のアプローチを手直ししたりも。来年はもうちょっと田舎ライフを楽しもうと思い、畑の再開を計画している。まずはじゃがいも、枝豆、さつまいもかな。

よいお年を。

ペレットはオリエンテーリングでお馴染みの富士山麓の間伐材からできたものを利用。あの伐採道に落ちていたものかと思うと感慨深い。できれば川根でも作ってほしいが。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA