田舎の生活その79

大雨のあとは猛暑、かと思えば変則台風。なんだか本当におかしな気候になって来たと思わざるを得ない1ヶ月だった。

川根本町も雨も猛暑も台風も結構なひどさだったが幸い大きな被害はなかった。ただ被災地の様子を見聞きするに明日は我が身と身を引き締めると同時に、ふるさと愛媛の被害は特に心が痛む。被災された皆様にはお見舞いを申し上げるばかりです。

庭の野菜もようやく収穫の時期を迎えたのに長雨で育ちが悪いかと思えば、猛暑期に水やりを怠り弱らせてしまい、台風で実を落とし、とずいぶん効率が悪い。ほんの数株でこの手の回らなさ。農家の皆さんの大変さと偉大さを実感する。

子どもが通う保育園では夕涼み会や魚のつかみ取りなど夏らしいイベントが続き、父兄として参加した。ついこの間まで赤ちゃんだった子たちが自分でいろいろできるようになっていて子の成長の早さを感じる。かと思えば見送りに行けば寂しいと泣き出したり、まだまだかわいいところもある。

やぐらを組んだりかき氷屋さんをしたりしました

山女魚のつかみ取り

そんなこんなでようやく朝晩は涼しい、いつもの夏が戻ってきた気がする。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA