田舎の生活その95

う~む、今年も残すところ1ヶ月か。

11月も引き続き家にいる時間は限られるので、田舎でのんびり生活を楽しむ時間は少ない。気づけば紅葉が進み観光客がたくさん来ていて、そしてそのシーズンも終わりを迎えつつあり、冬の気配がすっかり色濃くなっている。

この時期、休日に家で仕事をしない日は大変貴重だが、その貴重な休みには子供と畑いじりをするのが定番の過ごし方である。この秋、庭の配置換えを行い、夏までピーマンやトマトを植えていた畑は駐車場の一部となり、これまで駐車場だった場所を畑にすることにした。おかげで畑は面積が大幅アップで日当たり良い場所になったのだが、砂利を引いた大変固い地面のため開墾が大変。

半日でようやく1坪くらい

まずを砂利を取り除く作業。土が見えて来たら耕すのだが、家にあるスコップや鍬では小穴さえ開かないので重いつるはしを借りて来て地面を砕いていく。アレクサンダー・ガーレンの気分。冬の間にもう少し開墾して土を入れ、春先には何か植えたいな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA