カテゴリー別アーカイブ: 1.ニュース&ライフ

オリエンテーリング日本導入50周年記念事業

順序が変わってしまったが3月5日に東京都内で開催されたオリエンテーリング日本導入50周年記念シンポジウムへ行ってきた。スケジュールの都合でその後の記念パーティーには出られずシンポジウムにてパネリストの話を聞くだけだったので、あんまり懇親を深めたり情報交換したりするチャンスに恵まれなかったのは残念だが、なんだかんだと50年続けて来れたのはオリエンテーリングを愛する人々のつながりがあってこそだと思う。次の50年、100年目の節目を祝うチャンスはどのくらいあるだろうか。たとえその場にいられなくても、そのつながりの1つになっていられたならば我が人生に悔いなし。

さて、パネリストの方の話はどれも興味深いものだったが、そのなかでも一番印象に残ったのは大学の先輩にもあたる宮川祐子さんの「Give & Takeで成り立つオリエンテーリング界ですが、Takeだけでも十分な貢献をしている」という言葉だった。人と一緒である必要はない。自分なりの立場でオリエンテーリングを楽しんでもらえればと思う。

僕の周りの人々は普段仕事をしていて、休みの日にはオリエンテーリングのために働く人が多い。一方僕は他の人が休みの日にすることを仕事にしている。なので僕も休みなく働かなくちゃいけないという気持ちになってしまいがちだ。しかし住環境も違えば家族構成も違うわけだし、自分なりにがんばりゃいいじゃない。祐子さんの言葉によってずいぶん気が楽になった。

仲間と共に記念講演をされた田中陽希氏を囲む(写真提供:田島利佳さん)


田舎の生活その62

ようやく冬に終わりが見えてきた今日この頃。冬はあんまり好きではないが、植生がよい冬が終わり、ヤブまみれのあの季節がまたやって来てしまうのかと思うと少しテンションが下がり、冬のありがたみを感じるのであった。

今月は雪国に行ったり南国に行ったり、なかなかの移動距離。そんなこんなで各地で見つけたチェックポイント候補は500近かった。

室戸の海

さて、田舎もオリエンテーリングもまったく関係ない話だが、大河ドラマの女城主直虎が面白い。昨年の真田丸で久しぶりに年間を通じて大河を見て結構満足してしまい、今年はもう見なくてもいいかな、どうせ日曜の晩にいることは少ないし、と思いつつあまり期待しないで何回か見ていたら、なんだかすっかり次回が待ち遠しくなってしまった。

最近の大河らしいホームドラマ的なポップな感じでかつての重厚感はもうすっかり鳴りを潜めてしまったわけで、かといって三谷幸喜ほどのコメディっぽい演出もなく、物語としては爆発的な人気が出るものではないかもしれない。だけどよく知らない井伊谷の小さな国衆の物語がよく知っている戦国の歴史にどう結びついていくのだろうかとワクワクしてしまう。

そして何より(今のところ)静岡県が舞台というので親近感を持って見られているのが何より楽しみの1つだったりする。よく知っている駿府の町がCGで出てくると「あ、これあの辺から見ているな」と分かったりするのもよいし、静岡の黒歴史となってしまったのか、今ではすっかり家康の城下町となってしまいあまりその名を目にすることがない今川氏の内情を見ることができるのが個人的には一番面白いところだ(静岡市の非公式キャラ、今川さんが生まれたときには歓喜したものだ)。

この先は桶狭間にはじまり戦国大名今川氏の終焉までをしっかり描いてくれることを期待したい。しまった、今年こそ今川ロゲをする絶好のタイミングだった。

this month’s achievement
・室戸ジオパークロゲイニング2017
・伊豆半島ジオパークロゲイニング大会 調査第2弾
・野外教育指導者養成講習会の講師を務めました
・雑誌Tarzanにコメントが掲載されました
・和田島deトレラン&ロゲイニング をお手伝いしました


田舎の生活その61

庭に猿が現れたよ

これまで1月は比較的余裕があり、ウェブサイトの更新や写真の整理やいろいろたまった細かなことを片付けちゃえるくらいの期間だったはずなのに、なんだか今年はせわしなくてゆっくり腰を落ち着けることができない。仕事があるのはよいことだけど、レースに出ていないのはやっぱりさびし、くやし、なやまし。木葉下も行きたかったなぁ。。

2017年、最初のレースは3月頭のOMO、オリエンテーリングはプレ全日本なのかな。過去最遅の初レースとなりそうだ。

お正月、ふるさと愛媛のゆるキャラみきゃんに”香川県”で会えた。これは春から縁起がええわい

#20170209 追記
this month’s achievement
・有度山トレイル三昧2017
・雑誌「地図中心」に記事が掲載されました
・【Top of Orienteering #9序】掲載 ほか