オリエンテーリングのここが変

今回はオリエンティア Advent Calendar 2016という企画の一環で記事を書きます。

まずは自己紹介

いつも読んでくださっている方には必要ないかもしれませんが、初めましての方もいると思うので自己紹介を用意しました。長く活動していると自分のことをちゃんと紹介する機会が実は少ないので、あらためて紹介できよかったと思います。これからもよろしくお願いします。

Club阿闍梨の人たちにアンケートを取ってみた

さて、オリエンテーリングに対していろんな夢、目標を持っていてもオリエンテーリングが日本で行われなくなってしまえばしまいです。いろいろと直面する課題は多いですが、オリエンテーリングを愛好する人々を増やしていく努力は常に意識しています。

ここ数年、関東の大会を中心にお揃いのウェアを来たおじ、いやお兄さんお姉さんグループを見かけることが多くなったのではないかと思います。僕が所属するTEAM阿闍梨が企画運営するClub阿闍梨の人たちです。

ロゲイニングや講習会、体験会を通してナビゲーションスポーツに興味を持ち、オリエンテーリングにも挑戦している人たちで、今では100人に迫る会員登録があります。普及活動の1つの形です。なんだか自分の功績のように威張っていますが、Club阿闍梨の活動は僕が静岡に移ってから本格化したので、僕自身はたまにお手伝いする程度です。関東に住むTEAM阿闍梨の皆さんが中心になって頑張っています。みなさん気さくで熱心な人たちなので見かけたら声をかけてあげてくださいね。見た目はベテランですが、中身はピッカピカの1年生です。

そんなClub阿闍梨の人たちにアンケートを取ってみました。お題は「オリエンテーリングの嫌なとこ、おかしなとこ、変なとこ」です。学生の頃からオリエンテーリングを嗜んでいる我々のような人間には当たり前すぎて気づいていないことを教えてもらえるのではないか、このAdvent Calendarに辛口な記事を提供できるのではないかと思い、企ててみました。

ここで紹介していることはある人が個人的に感じたことです。意見としては小さなものかもしれませんが、今後の普及活動や制度設計のヒントになるものがあるのではと思い紹介します。また否定的な意見と同じくらい肯定的な意見も多かったです。Club阿闍梨のみなさん、ありがとうございました。(本当はもう少しきれいにまとめたかったのですが、時間に追われ間に合わなかったのでとりあえずほぼ生データのまま、一部にコメントをつけておきます。)

地図・ルールについて

  • デフに出てくるような地図記号は気にするけど、それ以外の地図表記について教わることも、教え合う機会もそうそうない。ある時のパークOで、生け垣の隙間を通過したんだけど。マップでは生け垣の隙間はなくて、地図をしっかり見ていた人は生け垣の端まで遠回りすることになり、不公平が生じたことがあった。
  • 地図について 緑の濃淡(走行可能度)が自分の感覚となかなか合わない。
  • 地図は未だに、尾根谷がよくわからず。スタート前に四角い枠の中に入るルールも時々?となり、冷や汗がでる。実際にスタートしてから、地図上の三角マークまで、無事に辿り着けるかいつも不安。
  • ルールというか、専門用語がごく当たり前に至るところで使われてますが、初心者には厳しい。解説とか用語集があったらいいのにと思ったことも。
  • JSCD記号が必要以上にハードルになっている気がします。

地図や位置説明記号については馴染むまではなかなか難しいですよね。JSOMなどの規定集があるじゃんという話ではありますが、あんなお堅いものではなくて、初心者から中級者へなるための解説本(サイト)みたいのがあるとよいのかもしれません。

大会等のイベントについて

  • クラス、カテゴリーがよく分からず、自分がどこのクラスにエントリーしたらいいのか分からなかったりします。
  • クラス分けが判りにくい。年齢のところに出れば良いの?ビギナーからなかなか踏み出せません。

ルールとも関連することですが、これもよく聞く話です。E,A,BはまだしもNが初心者クラスは分かりづらい。ロング、ショートも略す必要があるのかどうか。

  • 要項出るのが遅過ぎて、友達誘ってもトレランやマラソンのスケジュールで既に埋まっていて、来てもらえない。
  • 開催日、要項等の発表が、マラソン他のスポーツイベントに比べて遅い大会が多い。そのため、なかなかスケジュールが組めないし、本当は出たかったのに、既に他の大会をエントリーしてしまっていたりする。
  • 日程と簡易な要項でよいので、早めに告知して欲しい。

僕は大きな大会は日程固定にすればよいのにといつも思っています。春インカレや一部大会はほぼ固定日程で開催できているわけだし。

  • 大きい大会はエントリーしやすいが、小さな大会は部外者は対象外かもしれないと心配になり、エントリーしづらい。
  • 大会がある事自体全く外部の人には分からない。ランネットやスポーツエントリーなどに入口があると大会の存在を知らせる事ができるのに。

後にも出て来ますが、オリエンテーリングのプロモーション下手はよく指摘されます。

  • 男性更衣室がないこと。汚れるのは全然OKだけど汚れるスポーツだからこそ男性だってゆっくり着替えて綺麗な格好で帰りたいです。
  • 控室で男性が下着姿になって着替えるのが目のやり場に困る。

ヨーロッパでは女性でも下着姿を見せつけてきます。文化の違いは国内外にあるわけです。

  • ルールについてはわかって当然のような様子で、判らないことも今更聞けない雰囲気があります。
  • いってもしょうが無いけど、開催地が不便な場所が多い。だからこそできると言う面もあるのはわかるのですが。

オリエンテーリング協会やクラブなど組織について

  • 競技者登録をした割りに、日本オリエンテーリング協会のサイトが一番見てない。なぜだろう。
  • JOAの情報公開はひど過ぎます。
  • クラブはもっと練習やりましょう。
  • 大学クラブ以外は、新しい仲間を増やそうという意識が少ない。
  • 初心者が始められる機会が無い。
  • 様々な組織があることは理解しましたが、詳細はよく判りません。

その他

  • オリエンテーリングを扱った小説、漫画、映画が全く無いのが残念。「ちはやふる」のオリエンテーリング版を誰か!ヨーロッパだとあるのでしょうか?
  • GPSで軌跡を見れる様にするのが一般的でないこと。入門者にはこれ結構面白い。ベテランは必要ないのかな?大島の試み(RouteGadget)は良いと思いました。QuickRoute、3DRerunは少し面倒でハードル高いです。
  • ティアという言葉。ヨーロッパでもそう呼ぶのでしょうか。ティアという響きが余りに綺麗なせいかもしれませんが、オリエンテーリングを始めたばかりの私には絶対に使えない略称です。自分の事をティアと呼べる人は違う世界の人のような。。。主観です。すみません。

オリエンという略称も僕は好きではない。字数が多くなっちゃうのは確かに困るんだけど。

  • 私は、ひとりより、誰かと一緒にまわりたいと思い、とても心細くなる。(大会中、迷って誰かによく話しかけてしまう)
  • ウエアが恰好良くない(ダボっとしてやたらカラフルなやつのこと)。

あと穴が開いたボロボロの履いていると無料であげるから新しいのにしませんか?って言いたくなるときがあります。まぁ、あげないけど。

  • 年齢がばっちり公開されてしまう。
  • エントリーリストに、年齢表記は不要だと思う。
  • 女性としては、年齢を表記されたくない。(エントリークラスでわかる程度にして欲しい)

意外と多い年齢問題。そもそも住所を含めた個人情報の取り扱いについてどこまで意識しているのかっていうのも気になります。

  • LAP CENTERのミス率の意味が良く分からない。

参考までに「ラップ解析法の真髄に迫る」。

  • 走る、ナビゲーションするこの二つの事を両立させるするために、特にナビゲーション能力を向上させるために、個人ではどのような練習をしたらいいかよくわかりません。
  • 美しいO−MAPの存在が地図好きな人にさえほとんど知られていないこと。昨今の地図、地理、地形ブームに乗れてないのが少し残念。何か伝えるもの無いかな。
  • MTB-Oみたいな面白くかつ世界選まであるスポーツがある事をサイクリストやMTB乗りたちが全然知らないこと。自転車雑誌に載せてもらったり、JCAとタイアップなんか出来ないでしょうか?自転車乗りは基本的に地図読み好き人種です。目指せチャリダー出演!

そもそもオリエンティアがほんとにメジャースポーツにしたいと思っているのか、疑いたくなるときもあります。

逆にここはとても良い、なんて意見もあればぜひ

  • 大学生や高校生が選手でありながら一方では一生懸命大会を運営している事。
  • お手軽な参加費で、学生達が頑張って運営している姿は、とっても応援したくなります。

学生の頑張りには僕が知り合う他分野の方にもいつも感心されます。

  • 社会人にも練習会を含めて広く門戸を開いてくれていること。この様な寛大なスポーツは寡聞にして他に知りません。
  • 反省と改善の要素が毎回沢山ある事。例えばマラソンでの反省要素は我々レベルには比較的ワンパターンになり勝ちですがオリエンテーリングではいろいろな要素で次回こそと思わせてくれます。反省会が良い意味で大変盛り上がるスポーツだと思います。
  • 頼るものは自分しかない状況、山中一人、なんとも言えない孤独感や緊張感を味わえること。そしてその裏返しの安堵と達成感も平凡な日常ではなかなか味わえない貴重な瞬間です。
  • これから何が起きるか分からないスタート前はいつもワクワク、ドキドキします。
  • 最近はいろいろな分野の人がオリエンテーリングに挑戦していて、その色々な人達が「地図読みプラスα」が楽しくてオリエンテーリングをしに集まっているような気がします。このプラスαはそれぞれの分野と少しづつ重なっていて、この重なりがあるのでオリエンテーリングは色々な分野のハブになっていると感じています。
  • 全日本クラスから大学の練習会まで、色々あっていいですね。当日参加もありがたいです。
  • 当日参加ができる。
  • 当日エントリーできること。他のスポーツ大会では、見られない。
  • 当日エントリーが出来るのはいいと思います。
  • 当日エントリーができる事、受付がセルフで並ぶ必要がない所がいいと思います。
  • 当日エントリー可能なのこと。エントリーフィーが安いこと。

当日申し込みがあることが意外と好評。参加費の安さもいつも驚かれます。

  • 大きな大会は年齢別になっているので入賞のチャンスがあり、モチベーションが上がる。
  • 高齢になっても続けられる。
  • 大学のクラブチームが多く、選手の年齢層に幅があるのが面白いと思います。
  • 小学生からシニアまで幅広い年齢層が、それぞれのカテゴリーで競技できる仕組みがいいと思います。

生涯にわたって楽しめるスポーツは多いと思いますが、いつまでも主役になれる舞台があるってのがいいと思います。

  • 結果の発表が他の競技に比べて、格段に速い!
  • ラップ解析が面白い!
  • 地図は縮尺が大きくて見やすいです(笑)
  • 競技時間が短いから半日時間があったら参加できるし、準備が簡単(行動食の準備やウェアの選定が不要)。

と、いろいろご意見いただきました。大会でアンケートを取っている団体にはもっと多くの蓄積があるでしょうね。こういうのをうまくまとめて、オリエンテーリングのブランディングを仕掛けていければと思うわけで、本来はJOAが担うべき役割なのかもしれませんが、どこかの大会がオリエンテーリングかっこいい運動(この名称がダサイ)を展開していけば流れは変わる気もします。


突然ですが自己紹介します

オリエンティア Advent Calendar 2016という企画で記事を読みに来てくれた人のために自己紹介を書きました。その本文はこちら。)

僕は1998年からオリエンテーリングを始めました。きっかけは大学入学後にオリエンテーリング・サークルに勧誘されたことでした。体育会系はお断りだった僕ですが、地図が好きだったことが幸いしたのか災いしたのか興味を持ち、焼肉につられるなどし入会届を提出しました。今も後輩たちが頑張っています。

しかし始めてみたらすっかりのめり込んでしまい、キャラクター豊富だった同期や先輩後輩に囲まれすっかりこの世界に入りびたり、研究も就職もろくにせずにオリエンテーリングばかりしていました。最初の2年はたいした選手ではなかったですが、3年目でよいに出会ったこともあり芽が出て、結果を出せるようになりました。

そして2005年に愛知県で世界選手権が開催されるというタイミングもあり、当時のトップ選手が皆そこを目標に取り組んでいた流れになんの躊躇もなく乗り、世界を目指して挑戦を始めました。

しかし2005年にはあまりよい結果を残せず、その悔しさもあって「世界選手権の予選を通過して決勝の舞台に立つ」という目標を追って毎年遠征を行いました。2014年のアジア選手権を最後に代表からは身を引いていますが、未だ達成できていない目標をどうにか達成できないかと悶々と練習を積んでいます。

気づけばベテランの域に入っていますが、なぜこんなにも長くやってられるかと考えたとき、もちろんオリエンテーリングが好きだというのはありますが、その上でへたっぴだというのがあると思います。優勝等結果が出たレースでも完璧だ、満足したと思えるレース体験を得たことがなく、その感覚を知りたくて続けているのだと。

数年前まで会社勤めをしていましたが、人から引き継ぎ副業にしていたオリエンテーリングウェアnonameの販売や読図講習会講師の仕事が軌道に乗ったので一念発起してフリーランスとして独立、現在はO-Supportというブランド(実態は個人商店)でロゲイニングやOMMなどのナビゲーション・スポーツの運営、読図に関する著作など手広く行っています。

愛媛育ちの僕は大学進学以来、東関東を拠点にしてましたが、結婚を機に静岡県の山の中、南アルプスの麓の川根本町へ移住しました。今の妻に連れられ訪れたこの場所の美しい風景に一目惚れ、どこにいてもできる仕事だということも後押しになり、かつてから憧れていたのんびり田舎暮らしを始めました。

しかしゆったり暮らせると思ったら、おかげさまで仕事に困らず、日々締切に追われています。でも30代は下積みの時だと思い、依頼のあった仕事はできる限りするようにしています。40代ではそこでの経験を活かして財を成し、50代で早期リタイア、その後はオリエンテーリングライフを満喫するぞ!という野望があります。左うちわな生活を送るというのは半分冗談ですが、自給自足的にのんびり暮らすという生活には到達したいですね。

こういったことを仕事にしようと思ったのは、やっぱりオリエンテーリングが大好きで、自分の世界を広げてくれたオリエンテーリングのために何かをしたいという気持ちが強かったことが一番です。それから「日本から世界選手権チャンピオンを」という、かつてみんなで夢見たことを夢で終わらせないための活動を続けていきたいという想いもありました。

自分あるいは同世代の仲間が人生の一部を賭けオリエンテーリングに取り組んだ経験において、常に挙がる課題の1つが将来への不安でした。

オリエンテーリングで世界を獲るんだったらフルタイムで仕事をしている限りはやっぱり厳しい。しかし若い時分にオリエンテーリングにすべてを賭けてしまったら将来やっていけるのか心配だ。なんとかなるとしても、収入面で安定しない状況を、少しの惨めさを、覚悟しなければならない。トップ選手ほどプライドは高かったりもする、周囲の期待もあろう、どこかで一歩踏み込みきれない。

いや、本当にチャンピオンになれば仕事は向こうからやって来るし、そんな人ならその過程で仕事を創ることもできる。現実的には北欧に住み、北欧で生計を立てる術を見つけることになろう。だけど、みんながみんな成功するほど甘い世界でもない。失敗を恐れていたら成功しないと成功者ほど語るけど、その後ろには夢破れた人がいることを想像しなくてはいけない。

そんなことをモヤモヤ考えているうちに、トップ選手にしかできないこと、トップ選手だからこそできることを見つけ、それが立派な仕事になれば、険しい道のりを進むサポートになるんじゃないかと考え、今の活動に至ったわけです。

オリエンテーリングにすべての情熱を注いだ人がそのキャリアを終えた後に、人並み以上の生活ができるくらい仕事を作っておく。そして選手として人として僕よりもっと優れた若者にどんどん仕事を任せていく。そうなれば事業を大きくする活動にも力を入れられる。それが理想のカタチです。


全日本選手権2016 スプリント・ディスタンス

11月26-27日に宮崎県で全日本スプリントオリエンテーリング大会と全日本ミドルオリエンテーリング大会が開催され、それぞれのChampionshipレースが行われた。

朝霧ロゲイニングの設置を終え、羽田に向かい、たまったマイルで宮崎へ。10年近く前、仕事で九州各地によく出張し、羽田便が出ている空港はどれも使っていたのだが、宮崎だけは利用がなかった。ようやくコンプリートでき、九州にあった心残りがなくなった気がする。さすが宮崎で雪の降った朝霧に比べればだいぶ暖かく、快適な気候だった。

事前の大会案内などから果たしてどんなクオリティの大会になるのだろうかと心配し、実際プログラムやコースやいろいろと思うところがある人は多いだろう。僕もその1人であり、全日本大会の開催意義がまたもや問われることになってしまうかもしれない。しかしあえてここではオリエンテーリング不毛の地と言ってよい南九州で開催したことを称えたいと思う。たしかに既存テレインのリメイクは運営側にとっては手間の少ないことだし、数年のサイクルで人が入れ替わる学生にとっては公平性という意味でもあまり問題はないかもしれないが、長い時間をかけてオリエンテーリングを嗜んでいると、それはやっぱりつまらないものだと思うようになるわけである。行ったことのない場所に向けて準備するときのワクワク感、実際に地図を手にしたときのドキドキ感、そういうものはナビゲーションスポーツにとって欠かすことのできない要素だろう。

それからもう一つ言えば、オリエンテーリングが今後生き残っていくためにはスポーツツーリズムとしての価値を高めていくことにもあるんじゃなかろうかと。少なくなったとは言え、全日本大会ともなれば500人ちかい参加者がその地を訪れることになる。それは地方にとってはとても大きな規模のイベントで、まぁ一回こっきりしか開催されないのが全日本の難しいところだけど、でもそれでもぜひ来てくださいという価値はあるはずで、今回のような事例を作っておくことは重要なことだ。

場所の制約が多くても、やり方次第で楽しむことはできるはずで、その点ではもう少し工夫する余地はあったと思うが、選手としてはどんなコースが提供されても、コントロールに向かって全力を尽くすしかない。

レースの話に戻す。そもそもハードなスケジュールになることは分かっており、ピーキングも十分ではない。行かないという選択肢もあったのだが、今年は春の全日本ロングも結果がよくなく、全日本リレーには不参加。全日本のメダルを取り続けることは僕の競技、ひいては仕事、人生に対するモチベーションの1つなので、チャンスがあるならと行くことにした。とは言えだ。走る距離こそ少なくないが、オリエンテーリングのためのトレーニングをほとんどしていない中で、上位を目指そうとしていることになんだがすっきりした気持ちになれず、直前まで悩んでいたのが正直なところだ。

そんなもやもやもあって予選は切れがなく、若手選手の後塵を拝する。このままでは数年のうちに予選通過も難しくなるかもしれない。しかし予選らしいコースであった。決勝が決勝らしいコースになれば勝機はあるだろうと思う。

予選 決勝

決勝のスタートが江田神社の境内からというのもなかなかの演出であった。△-1では道の流れに沿っていっちゃだめ、と頭ではわかっていたし、実際に方向を確認したつもりだったが、身体は言うことを聞いていなかった。まさに練習不足の賜物。。。

それ以降は予選よりは注意が必要なレッグが組まれるが、スプリントというよりはフォレストのコースに近い課題が多かったか。それでも7-8にルートチョイスがあるのは見えなかったし、10-11も悩んだし、このテレインの中で意外とコース設定も頑張っている。終盤はややあっさりしすぎか。この細かな場所でもう少しスパイスを効かせれば印象はだいぶ違ったような気がする。

と、話が逸れた。レース中にそんなことを考える暇はなく、とにかく前を目指して進む。7で1分前の稲森選手の背中を見つけ、11で追いつく。13で引き離せたと思うが、地図読みのためのわずかな減速で追いつかれては追い抜きを繰り返し進む。15で少し道を走りすぎた隙に前に出られ、彼に続いてのフィニッシュとなる。

よい走りだったが1番のミスが致命的だろうと思っていたらその通りで、23秒差で2年連続の6位となった。現実的には1番だけで23秒をひっくり返すのは難しく、現状を考えればwell doneだ。優勝できるチャンスが残っているということを確認できたことが今の僕にとっては何よりの収穫。

この調子ならミドルにはより多くのチャンスがあるだろうと出る気満々でいたが、個人的な事情があり急きょ帰静することになる。第1回大会から常に3位以内に入っているし、今年もその可能性が高かったので一瞬悩んだのは確かだが、連続優勝しているならともかく、それよりも大事なことであったし、実際に戻ってよかったと思う。かつては企業の最終面接より代表選考会を優先したこともあったのだが。人生は長く、価値観はどんどん変わっていくものだ。