WOC2018 in Latvija ④

大会が終わりすっかり時間が経ってしまったが、今大会に向けた準備とレースについてまとめておきたい。

まず準備について。最初に書いた通り、いつから大会を目指し始めたという明確な境目はない。毎年やっているように12月から身体を作り始め、春夏のレースにターゲットを置くというサイクルのなかで今年は8月上旬のWOCにフォーカスしようと思い、スケジューリングした。

昨年11月に足の指を骨折してしまい、それが完治したのが1月上旬。本来より1ヶ月以上遅い鍛錬期入りで、出たいのはロングだが、狙うならミドルと想定し(+リレー。スプリントは当初から考えていない)、冬の間はそれに合わせたトレーニングをしていた。

正直に告白すれば、他の選手のパフォーマンスを見て、この時の状態で代表に選ばれるという自信がまったくなかったのだ。しかし来年狙いますと言える程余裕のある身でもない。まずはミドルで結果を出せるように狙っていくのがアプローチとして適切だろうという判断だった。

途中のターゲットは4月の代表選考会と6月の全日本大会。4月までのトレーニングは例年に比べれば順調であったが最低400kmという目標はほとんど達成できなかった。しかし森を走る距離は長く取っていたし、昨年までに比べても走れるようになった感覚があり、自信を得ることはできていた。

12月 305km / 01月 396km / 02月 370km / 03月 418km
平日のトレーニング:300×20、400×10-20、1000×7-10、オリエンテーリング(コンピ、直進)

予定していたKOLC大会が雪で延期になってしまい、今シーズン最初のオリエンテーリングレースがいきなり代表選考会になってしまった。身体の動きは緊張でとても硬かった。ホームアドバンテージのあるテレインだったことに救われた感もあるが、パフォーマンス自体は悪くなく、選考を通った。大体イメージ通りの体に仕上がっていたのでチームの中でも最初は予定通りミドルを希望した。

04月 387km / 05月 448km / 06月 351km / 07月 246km
平日のトレーニング:500×20、1000×10-14、オリエンテーリング(3-4km)

次のターゲットは6月の全日本。全日本はロングディスタンスだが、国内のロングは世界のミドル+α程度なので、ターゲットに合わせてトレーニングを積んでいれば十分対応できるだろうという計算であった。KOLC大会、代表合宿、東大大会など例年不足しがちだったレース形式の練習を踏み、実戦感覚も掴む。

迎えた全日本。予想に反し、予告された通りの100分想定、実際は115分以上かかるという長いレースになった。身体がその長さ(暑さ)に対応していなかったが、しかしその割には悪くない結果だったな、もう少し対策をしておけば十分対応できるだろう、という感覚を得た。最初にも書いたが来年ロングを目指すと言って計画通りに目指せる保障はない。対応できるなら純粋に出たい種目をと思い、希望を変え、その希望が叶うこととなった。

予定外だったのは全日本でやった足首捻挫で思ったよりも治りが遅く、暑くなる前にもう一度しっかり距離を踏みたかったがそれが叶わなかった点だ。完治した7月中旬には酷暑となり、大会も近いことから無理して走り込まず技術確認とコンディショニングを目的としたトレーニングを中心とする。

そしてラトビアへ。現地では2週間の滞在。世界選手権単独の遠征としては比較的長い期間だったが現地でやったことは過去になく少なかっただろう。地図は日本でも研究できる。そしてこれまでのヨーロッパの森での経験と、今回のテレインが日本の森に似た地形だったこともあり対応には苦しまないだろうという自信があった。現地で森に入ってみてもその通りだったのでとにかくピーキングを重視してゆったり調整を行った。日本でも報道されているが今年はヨーロッパも暑く、疲労を貯めないという点でその判断は適切だったと思う。

ただロングに出る上で、かなり長めのルートチョイス練習は実際にやっておきたかったと今になって思う。地図上の研究だけではなく実際に現地を走ってみないと掴めない感覚がある。しかし大会直前にそれをやるのはなかなか勇気がいる。ベストな状態を作るためにはやはり事前のトレーニングキャンプが必須であろう。

8/1 出国・現地着
8/2 am移動 / pmロングタイプのテレインでオリエンテーリング(1:15)
8/3 am7月に開催されたWOCテストレースのコースをレースペース+ジョグペースでオリエンテーリング(0:50) / pm ミドルモデルイベントの地図でテレインウォーキング(0:20)+テクニカルモデル
8/4 amスプリント予選応援 / pmジョギング(0:30)+開会式
8/5 amレスト / pmウォーキング(1:00)スプリントリレー応援
8/6 amミドルモデルイベントをレースペースでオリエンテーリング(0:35) / pmレスト
8/7 amミドル決勝応援 / pm宿舎移動
8/8 amロングモデルイベントをレースペースでオリエンテーリング(0:50) / pm レスト
8/9 amレスト / pmリレー(0:50)
8/10 amレスト / pmスプリントリレー下見ウォーキング(0:50)
8/11 amチーム内スプリントリレー観戦 / pmロング(2:30)
8/12 チーム現地解散
8/13 noname打ち合わせ
8/14 帰国(15日着)

大会までのトレーニングを振り返ると、最低400km、走るべき時は600kmまで走り込みたいという理想があったがまったく叶わなかったので体力面で差が出てしまうのは当然の結果とも言える。オリエンテーリングの技術練習は週末のレース回数こそ少ないが、平日(の仕事の後)のオリエンテーリング練習はコンスタントにできており、特にここ最近直進の精度が高まっていることには自信を持てるようになった。しかしレース中、ふとしたことで気が緩むなどの問題は実戦経験を踏まないと減らせない面もあり(あるいはレースに代替しうる練習方法の開発)、今後を考えると体力問題とともに課題と言えるだろう。


WOC2018 in Latvija ③

オリエンテーリング世界選手権、全競技が終了し、帰国の途についています。たくさんの応援ありがとうございました。

出場したリレーは26位、ロングは58位で満足いく結果とは言えませんが、今大会に向けて準備してきたことはしっかり発揮できたという安堵感もあります。リレーでは初めてアンカーを務め、初めて順位を上げるという経験ができました。ロングはとてもタフなレースでしたが、最後までオリエンテーリングだけに集中し粘り強く走れました。

国別対抗リレー(寺垣内-結城-小泉) 26位(2:21:52 / トップ1:47:26)
ロングディスタンス 決勝 (個人) 58位(2:29:08 / トップ1:37:43)

レースレポートは後日、本ブログにアップしていきますが、世界で戦う上での課題はずっと前から明確で、絶対的なフィジカルの差をどうにか埋めないことにはこの先には進めません。結局今回もその差を縮めたという実感を持てないままでしたが、今回の糧を自分自身はもちろん、他の選手、そしてまだオリエンテーリングをやったことがないであろう未来のチャンピオンに活かしたいと思います。

今回、チーム最年長者ながら他の選手の面倒を見ることもなく自分の競技に集中させてもらえました。チームオフィシャルやチームを支えてくださったスタッフ、そしてチームメイトの皆さんに感謝します。ありがとうございました。

日本オリエンテーリング協会 日本代表ブログ:
WOC ロングディスタンス決勝

http://www.orienteering.or.jp/NT/blog/2018/08/woc-17.html
国別対抗リレー結果
http://www.orienteering.or.jp/NT/blog/2018/08/post-101.html

TEAM阿闍梨:小泉よりオリエンテーリング世界選手権報告
https://www.teamajari.com/20180814wockoizumi/

8/27追記:facebookへの投稿


WOC2018 in Latvija ②

いよいよ本日夕方に僕にとっての最初の種目リレーが行われます。すばらしい選手たちと組むリレー、WOCで初めてのアンカー。しっかり決着をつけられるようにがんばります。

これまで発信された情報をまとめます。世界選手権に出始めの頃は個人でちまちまと発信する程度でしたが、情報発信1つ取っても支援してくださる方が増えたことを実感します。それも自信に変えてレースをしてきます。

オリエンテーリング日本代表公式ブログ:選手紹介
http://www.orienteering.or.jp/NT/blog/2018/08/post-100.html

代表チームツイッター:
https://twitter.com/Woc2018J

facebookへの投稿:

TEAM阿闍梨:小泉、現地入りし最終調整
https://www.teamajari.com/20180803koizumi/

TEAM阿闍梨:小泉がラトビアに向けて出国しました
https://www.teamajari.com/20180801koizumi/


WOC2018 in Latvija ①

いよいよ世界選手権。

2013年以来5年ぶりの出場となる。今年は僕は現時点ではリレーとロングに出場する予定である。

前回に比べると自分を取り巻く環境はずいぶんと変わった。いろいろと変化する中で自身の競技へのモチベーションにも波があった。フォーマットが変わった世界選手権を目指す意義を見いだせず、しかし目標を達成できなかったことへのモヤモヤしたものを抱えたまま過ごす日々がずっと続いた。

その過程でいろいろと考えること思うことはあった。細かなことは今は端折る。

最終的なきっかけは些細なものだった。それはタンスの肥やしになっていたWOC2001のTシャツを発掘したときと、昨年リリースされたスピッツの「1987→」を聴いた時。大きな意義や目標があったわけではない。こんな些細なきっかけが重なり、そう決意して、トレーニングを積み、そしてそこに立つ権利を得て、出発の時を迎えた。そういう簡単な話。

意気込みを数字にすれば25とか45とか50などになるだろう。世の中的にはまったくインパクトのない数字であることも承知しているが、しかしエキセントリックな結果は自分でもあまり期待していない。

ただ、これまで結果を出したレースであっても完璧なレースだと思えたことがない。一度でいいからそう言えるレースをしてみたい。おそらく僕の競技生活はその追求なんだろう。それがここで終わるのか、これからも続くのか。できる気もするし、できない気もする。ただ言えるのは1秒でも早くフィニッシュすることに妥協しないということ。

この舞台に立つために、仕事仲間や地域の皆さん、オリエンテーリング関係者、そして家族の協力が不可欠だった。サポートしてくれる皆さんへの感謝の念に堪えない。しかしレース中だけは自分だけのために自分だけの時間を過ごしたい。最高に贅沢な時間を過ごすことをどうかお許しください。

WORLD ORIENTEERING CHAMPIONSHIPS 2018 | WOC2018

04日(土)スプリント予選(9:00-)・決勝(15:00-)、開会式
05日(日)スプリントリレー(17:00-)
06日(月)レスト
07日(火)ミドルディスタンス(12:00-)
08日(水)レスト
09日(木)リレー(14:00-)
10日(金)レスト
11日(土)ロング(12:00-)、閉会式

時間は現地時間(ラトビアとの時差はサマータイム中のため6時間)

関連記事:
オリエンテーリング世界大会出場 小泉さん(川根本町)意気込み(静岡新聞)
川根本町・小泉さん オリエンテーリング世界選手権へ(中日新聞)
小泉、5年ぶりオリエンテーリング世界選手権へ(TEAM阿闍梨)


田舎の生活その79

大雨のあとは猛暑、かと思えば変則台風。なんだか本当におかしな気候になって来たと思わざるを得ない1ヶ月だった。

川根本町も雨も猛暑も台風も結構なひどさだったが幸い大きな被害はなかった。ただ被災地の様子を見聞きするに明日は我が身と身を引き締めると同時に、ふるさと愛媛の被害は特に心が痛む。被災された皆様にはお見舞いを申し上げるばかりです。

庭の野菜もようやく収穫の時期を迎えたのに長雨で育ちが悪いかと思えば、猛暑期に水やりを怠り弱らせてしまい、台風で実を落とし、とずいぶん効率が悪い。ほんの数株でこの手の回らなさ。農家の皆さんの大変さと偉大さを実感する。

子どもが通う保育園では夕涼み会や魚のつかみ取りなど夏らしいイベントが続き、父兄として参加した。ついこの間まで赤ちゃんだった子たちが自分でいろいろできるようになっていて子の成長の早さを感じる。かと思えば見送りに行けば寂しいと泣き出したり、まだまだかわいいところもある。

やぐらを組んだりかき氷屋さんをしたりしました

山女魚のつかみ取り

そんなこんなでようやく朝晩は涼しい、いつもの夏が戻ってきた気がする。