田舎の生活その66

梅雨らしい景色を撮ろうと思うもなかなか雨にならずうす曇りが精一杯。今のところ空梅雨。

雨は降らぬが草は伸びる。特に裏の畑は放っておくとひどい。昨年の様子だがこんな感じ↓↓↓

前にも触れたがここは我が家の土地ではなくご近所さんの土地。しばらく何にもやらないから適当に使っててよいよ、という感じ。でも耕して何か作る余力もなくとりあえず放置状態。とは言えさすがに草ボーボーのままなのは見た目も気分もよくない。というわけで、再び草刈りの季節がやってきた。

待てよ。草の中を通り抜けられるようにしたらトトロみたいで遊べるじゃんね~

迷路みたいにしたら面白いじゃんね~

だったら地図も作るか、フラッグも置くか、となりました。

道があるのにまっすぐ草の中を抜けたがる我が子。ある意味すごく才能あるかも、なんてね。

でも1、2回やったら飽きちゃって、その後は父の練習場になったのであった。

last month’s achievement
・【ToO #10】トップランナーたちを応援しよう


第39回東大OLK大会

6/4、静岡県裾野市で開催された第39回東大OLKオリエンテーリング大会に参加。結果は最上位クラスのMEで優勝であった。

東大のオリエンテーリングクラブが運営するこの大会は僕にとってはアウェイ感のある大会でこれまで2位が最高、勝つことのできない大会だった。今回は静岡県が舞台ということで半分ホーム感もあるレースとなり、そのおかげかわからないが初めての優勝を飾ることができた。

レースはとてもよい内容だったわけではないが大きく崩れることもなく、淡々と最後までやりきったという出来で、それが結果に結びついたのは正直嬉しいところである。

全日本大会まで2週間を切った。本番前最後のレースでいい結果を取ると欲が出てしまうが、それで何度も失敗している。チャンピオンシップレース独特の難しさもある。奢らず焦らずしっかり準備をしていきたい。


あかつき杯あけぼの杯

5月20日に栃木県矢板市で行われた筑波大学オリエンテーリング部の会内杯。後輩たちの激励に、というほど面倒見のよい先輩ではない。来月矢板市で開催される全日本大会対策も兼ねたコースだと聞いて日帰り参加。ちなみに第1回あかつき杯で優勝していた。

気温は高めだったが湿度が低くまだ走りやすいほうだった。1か月後は湿度との戦いもありそうで順応が求められるだろう。コースは設置位置が甘い場所も見受けられたがロングディスタンスらしいルートチョイスもあってよい練習になった。夏の矢板はヤブがひどいという印象だったが、あまりひどくない場所を使っているからなのか、これからヤブ本番になるのか、昔の記憶ほどのひどさは感じなかった。

何より小さな記号との戦い。ブルーベリー買い込むか。