ご近所で大会

 この週末は京葉OLC大会に参加。柏と船橋、どちらも自転車で無理なく行けるご近所大会で、朝も夕方もゆっくり過ごしつつオリエンテーリングできるという素晴らしい大会だった。


20061216_keiyo
 レースは、両日とも2位に終わる。そんなに悪いレースではなかったけど、そこまで良くもなかった。今はシャープさを求める時期ではないからこんな感覚でもいいか。でも、2日間の総合成績では優勝できた。女子もクラブメイトの朴峠さんが優勝し(こちらは両日1位の文句なし優勝)、ときわW優勝で、来週の忘年会合宿にネタが一つできたよ!
 土曜の晩はオリエンテーリング界の「タカアンドトシ」(?)ことタカハシ雄哉と松澤トシユキさんがうちに泊まり、久しぶりに賑やかな我が家で海鮮キムチ鍋をたらふく食った。やはり食卓はにぎやかなほうが飯もうまいってもんだ。3人、川の字になって寝たのも久しぶりな感覚。普段、どれだけ寂しい生活をしているのか実感してしまった。ホント、寝に帰ってくるだけだもんなぁ・・・
 もう一つ、会場で「新聞見たよ」「すごいね」とたくさんの人に声をかけてもらった。新聞の別刷記事なんて読む人いるかなぁ?と思っていたけど、さすが日本で一番売れている日刊紙。古い友人から突然連絡が来たりもしたし、その影響力はかなりのもんだ。
 会社には「私もそちらで活躍したい」という電話もいただいた。人事の問題もあり、誰でもウェルカムってわけではないので、即答はできないわけだけど、自分は恵まれた環境においてもらっていることを忘れてはならないと痛烈に気付かされた。このところの取材のおかげで、明らかに実像より立派な人物像が先行してしまっている。新聞には毎日3時間のトレーニングを欠かさないと書いてもらったし、結果を出す選手になろう。
 そうそう、今週も職場のみなさんがオリエンテーリングに来てくれた。地道な普及活動だけど、みなさんビジネスの最前線にいる人たちばかり。大きな実を結ぶ日がくるはずだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA