2.レースレポート」カテゴリーアーカイブ

第42回東大OLK大会

毎年6月頭に開催されるのが恒例の東大OLK大会。コロナ禍に襲われ延期を余儀なくされていたが約3ヵ月後の9月13日に開催となった。とは言えコロナも収まらないなかでの開催。規模は縮小され会場も青空会場。せっかくのニューマップなのだからもう少し落ち着いてからやってもよいのにと思うところもあったが、事前の情報を見るとかなりよいテレインのようだったので早くに公開したい気持ちも感じられ大会への期待は高かった。 静岡から高速使って4時間、そこから山道を1時間強 … »続きを読む

しおや4Days

コロナ禍においてオリエンテーリング大会も中止延期に追い込まれる中、突然企画された大型サマーイベント、しおや4Days。オリエンテーリングの本場スウェーデンで毎年夏に開催されるO-ringenをモチーフに、4日連続でレースを行い合計タイムを競うのが今回のメインイベント。メインとは別にナイトオリエンテーリングやMTBオリエンテーリングなど様々なオリエンテーリングアクティビティを楽しめたり、キャンプしたり観光したりと本場の要素を盛り込んだ楽しそうなイベ … »続きを読む

霧ヶ峰ミドルオリエンテーリング大会

レースレポートとしては4カ月ぶり、オリエンテーリングのレースとしては5カ月ぶり。近年出場頻度は減っているとは言え、こんなに間が空いたのは初めてだろうか。 7月4日、霧ケ峰で開催された霧ヶ峰ミドルオリエンテーリング大会に参加。霧ケ峰ロゲイニングでも何度か足を運んだ場所であり昨年OMM JAPANを開催した地でもあるのでタフなテレインであることは分かっていたが、体力以前の大ポカをやらかしてしまった。22年目にして初の失態だろう。情けない結果であったが … »続きを読む

奥武蔵マウンテンオリエンテーリング2020

所属するTEAM阿闍梨の人気イベント、奥武蔵マウンテンオリエンテーリング(OMO)。今年は初めて男女混合で出場予定だったがコロナウイルスの影響もありパートナーが欠場、今年もエリートソロで走らせてもらった。混合で走る気でいたのでソロペースに(肉体的にも精神的にも)どこまで耐えられるか不安はあったが、今年こそはウイニングタイム切り(優勝設定タイムを上回る)を、と気合を入れ直し臨む。 コースは直線17.4km、登り1530m、ウイニングタイムは3:20 … »続きを読む

第37回ジュニアチャンピオン大会

多摩オリエンーリングクラブのジュニアチャンピオン大会。名前の通りジュニアのチャンピオンを決めようと始まった大会。僕がオリエンーリングを始めた頃は既にジュニアではなかったのであまり深く考えることなく参加してきた大会だったが、全日本大会でもインターハイでもない、いわば民間のチャンピオンシップという立ち位置の大会を何十回と続けてきたことに偉大さを感じる大会である。 そんなこともあり大会の盛り上げやジュニア選手のモチベーションアップなどで少しでも役に立て … »続きを読む