田舎の生活その100

別れ霜の八十八夜を迎えた。いつもなら既に茶摘みシーズンでSLを背景に写真を撮るマニアも多く来る連休だが、今年はSLは運休。かつ茶摘み姿もまだまばら。というのも暖冬で十分休眠していなかったので成長が例年より遅いらしい。でも暖かいと茶の質はよいらしく新茶を飲むのが楽しみである。 誰に言われたわけでもないが、川根本町に越してきてだいたい月1回のペースで記事をあげてきて、ついに100回目。感慨深いとともに一つの区切りであろう。 というか前回の文末が心の中 … »続きを読む

田舎の生活その99

コロナ禍は収まるどころか世界的にエスカレート。このウイルスは人間の健康のほかに、人の信頼関係も壊しているようでどちらかと言えばそちらのほうが恐ろしい。 さすがに仕事にも影響が出てきて、いくつかの講習や研修が中止となり参加予定のレースも延期になった。4月以降に控えるイベントも開催できないものが出てくるだろうからこの状況が長引けば収入面でも心配になってくる。さらにオリンピック・パラリンピックの延期も現実に。いつに延期されるにしても延期された日程で開催 … »続きを読む

奥武蔵マウンテンオリエンテーリング2020

所属するTEAM阿闍梨の人気イベント、奥武蔵マウンテンオリエンテーリング(OMO)。今年は初めて男女混合で出場予定だったがコロナウイルスの影響もありパートナーが欠場、今年もエリートソロで走らせてもらった。混合で走る気でいたのでソロペースに(肉体的にも精神的にも)どこまで耐えられるか不安はあったが、今年こそはウイニングタイム切り(優勝設定タイムを上回る)を、と気合を入れ直し臨む。 コースは直線17.4km、登り1530m、ウイニングタイムは3:20 … »続きを読む

田舎の生活その98

1日、2日少ないだけなのに毎年2月はあっという間に感じる。 2月に家族で静岡久能の石垣いちご狩りに行くのがここ数年の恒例行事。静岡に来る前はイチゴの季節といえば4月、5月というイメージだったがこちらに来てからは正月明けたらイチゴの季節。久能だけでなく伊豆や藤枝あたりにも産地があり新鮮でおいしいイチゴがお安く食べられるのは静岡ならではなのかも。 冬の寒さを感じる日もあったが、暖冬の予想通り春が早い。 家の周りに花が咲き始めるといつもであれば心が明る … »続きを読む

第37回ジュニアチャンピオン大会

多摩オリエンーリングクラブのジュニアチャンピオン大会。名前の通りジュニアのチャンピオンを決めようと始まった大会。僕がオリエンーリングを始めた頃は既にジュニアではなかったのであまり深く考えることなく参加してきた大会だったが、全日本大会でもインターハイでもない、いわば民間のチャンピオンシップという立ち位置の大会を何十回と続けてきたことに偉大さを感じる大会である。 そんなこともあり大会の盛り上げやジュニア選手のモチベーションアップなどで少しでも役に立て … »続きを読む