第3回ジオパーク伊豆大島オリエンテーリング大会

3年連続で参加するジオパーク伊豆大島オリエンテーリング大会。昨年同様、ロゲイニングとの2days。今年も前日はロゲイニング運営、レースの朝にはロゲイニングのフラッグ撤収に行くスケジュールだったが、大会も無事に終わり、昨年より負荷は少なく、今年こそは念願の優勝を、と気持ちだけは強かったが。。

結果から言えば、負傷のため途中棄権。レースをリタイアするのは久しいし、来年も走れるとは限らないしと、一瞬いろいろ悩み、頑張れば走り切ることもできたかも知れないがもうすぐスコットランド遠征であることを考慮して大事を取ることに。

男子最難関クラスMEの優勝は2年連続で横国大の稲森選手。ここで安定して走れているのはきちんとオリエンテーリングできてるんだろうと思う。僕ら世代としては3位に入江さんが入っているのに驚く。タイムも悪くない。90年代を代表する選手の一人で、松澤俊行選手の同級生であることは有名。最近大会でお見かけすることが増えたけどブランクはかなりあるはずで、このコースをあっさり走ってしまうことに驚く。

GPSは修理中のため手書きルート

GPSは修理中のため手書きルート

僕自身はと言えば、リタイア前の時点で稲森選手から2分のビハインド、終盤で逆転の可能性はゼロではなかったが、いかんせん序盤が悪かった。どうもマップコンタクトが上手くいっておらず現在地をパラレルエラーしてミスすることが多かった。練習しないで勝とうなんて虫の良い話だ。でも入江さんではないけどあんまりやらなくても技術が落ちない人もいると思うと、そもそも技術を自分のものにできていないのかもしれない。なんだか悔しいなぁ。

この大会、ロゲイニングの翌日ということもあり、普段ロゲイニングやトレランで活躍する人たちも参加されるのがよいなぁと思う大会だ。安全管理上の問題とかいろいろ難しいことも増えはするけど、オリエンテーリングの活性化のためにも、こういう形のコラボがもっと増えれば嬉しい。

来週はいよいよOMM。初めて出るレースなので不安と期待とが入り混じった心地よいワクワク感がある。こういう感覚は久しぶり。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA