田舎の生活その88

ゴールデンウイーク10連休。いつもなら近所は茶摘みで忙しい時季だが、今年は寒い日が多くて葉の育ちが悪くゴールデンウイーク後半からが茶摘み本番になるそうな。

茶畑の周りにいるのはお茶摘みの人たちではなく10連休を満喫中の観光客のみなさん

さて、いよいよ平成が終わる。名前と同じ漢字が入っている元号なだけに、終わるとなると寂しさを覚えてしまう。災害や嫌な事件も多かった時代だったが個人的には人生の喜びの多くを享受することのできた幸せな時代だったと振り返ることになるだろう。令和時代がどれくらい続くことになるかは分からないが、同じような思いをもってその終わりを迎えることができればと願うばかりだ。

そして次の時代においてはもう若くはいられないかもしれないが、新しくはありたいと思う。今続けていることをただ続けていくことにはあまり意味を感じないが、新しい方法で新しいことにチャレンジしているという感覚でいられる限りは続けていけるだろうし、それができなくなったと思えばあっさり終わりを迎えるかもしれない。

ぴーたの元に友達が訪れるようになり、毎朝ソワソワしていたが、ここ最近は来なくなったので寂しそう

それではよいお時代(とし)をお迎えください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA