第44回全日本オリエンテーリング大会

オリエンテーリング日本一を決める全日本オリエンテーリング大会。今年は6月17日に岐阜県中津川市の椛の湖オートキャンプ場を会場に開催された。僕は日本選手権を決めるM21Eクラスへ出場。毎年優勝を目標に臨み、国内レースでは最も力を入れるレースだが、昨年は準優勝。今年こそはと力が入る。

特に今年は前々からロングディスタンスにふさわしいコース設定が行われると宣伝されており、距離は13.7km。やぶが濃く斜面が急な日本ではなかなかない距離のコースが提供された。長い距離が得意というわけではないが、このくらいの距離には十分対応できる自信はあり、テストレースとして臨んだ2週間前の東大大会では余力を残してのゴールだったのでかなりチャンスは多いだろうと自信をもつこともできた。

ここ最近、序盤にミスをしてしまう傾向が強かったのでとにかく最初をしっかりこなしてリズムに乗ることに集中。慎重なペースでレースに入る。2番でアタックを少し外しそうになるが慌てず軌道修正でき、序盤のリズムはばっちりだった。

最初の勝負所2-3のロングレッグ。道を大きく回るルートにはメリットが見えず、地形や道を繋ぐまっすぐめのルートを探り、暑さと長さを考えこまめに給水を取ることも考えルートを決める。給水所の位置をしっかり把握しておらず、直後に間違えた方向へ進んでしまうロスがあったが、ルート選択はよかったと思う。

4でミスをし、6-7のロングレッグ。真っ直ぐめの道をつなぐルート(橙)とやや右寄りの小道をつなぐルート(赤)、左に大きく回る道回りがぱっと目に入る。アタックはどれも同じ尾根を下ることになるならばそこまで一切ナビゲーションしないで済む左ルートを選択。特筆するほどのスピードがあるわけではない僕だが、区間1位を取っているのでよい選択だっただろう。

がロングレッグ後の8で大きなミス。ここは慎重にならなくてはと頭では思いつつ、かつ一旦現在地を把握しておきながらその先の地形を誤認して全然違う方向へ進むなど致命傷となるミスであった。

しかし長いレース、まだまだ取り返すチャンスはあるはずと信じ10-11のロングレッグへ。左側の道を細かくつなぐレッグは細かなアップダウンも多く却下。右の道路を使ったルートを選択。集落の先、11の南の沢を詰めてアタックするか(青)、北の谷からアタックするか、西の尾根を走ってアタックするか悩むが(紫)、ここは攻めの選択、尾根を走って最短距離を攻めるルートを選択する。勝負所。

しかし集落を過ぎ尾根に入る手前の登りで足に痙攣の傾向。ここで無理をすると終盤走れなくなるかもしれないという恐れから北の谷をペースを落として詰めることになる。補給して回復を待つ。ループ部分で調子を取り戻したかに見えたが、ちょっとしたショックで吊り上がってしまいそうな状態。なかなかペースを上げられず我慢の走りを強いられる。

結局終盤までペースを上げることはできずフィニッシュとなった。いくつかのミスと後半のペースダウンを考えると入賞も難しい出来という印象だったが、レースはタイムが伸びない展開となり、運よく2位に入り込んだ、というのが正直なところだ。

写真はJOAツイッター@jorienteering より

痙攣については言い訳をすればいくらでもできるが結局は力が足らなかっただけということで、距離に対して自信があっただけに残念である。しかしそうなる前のペースは悪くなく、対策さえできればよりよいパフォーマンスが出せるという点では世界選手権に向けて自信を持つことはできた。

反省しなければならないのは4番、8番で、いずれもロングレッグの直後、見通しの悪い、地形もぼやけた場所での方向維持を失敗しており、残り1ヶ月半でしっかり克服しなければならない課題であると認識している。

さて改革が行われている全日本大会。YMOEの山川氏プロデューサーの体制となって2年。しっかりした地図、ロングらしいコースを提供しようという試みは参加者には伝わって来たし、少なくともエリート選手層には1つのモチベーションになっていることは確かだと思う。運営される方にはいろいろご苦労があることと思うが、選手としては大変ありがたいことである。

大会の権威付けという点では全体的に見れば大きな変化はないのかもしれないが、そもそもレベル・年代を問わずコアな選手にとっては細かな演出がどうであっても重要な大会であることに変わりはないし、パブリックコメントでは僕もいろいろと意見をしたが、実はそこに力を入れすぎてもあまり意味はないのではないかと思いつつある。

それよりは全日本大会を目標にがんばろうとか、エリートクラス走るクラブの仲間を応援しようという草の根の活動を広げることのほうが大事で、大会は競技のコアな部分はしっかり提供しつつ、そういった気持ちに応えるささやかな演出があればよいのかもしれない。

ただ全日本大会に限らずだがオリエンテーリング大会の表彰式の間延び感だけはなんとかできないものかといつも思う。と他人事ではない。10月28日に静岡県で開催する全日本ミドルオリエンテーリング大会では競技責任者を仰せつかっている。競技のコアな部分はしっかり提供しつつ、この課題を解決できるような工夫を考えたい。

全日本大会は来年からはNishiPROの西村氏がプロデューサーとなる新体制。いろいろと考えてくれているようなので楽しみだが、とりあえずの大きな変化は秋開催になることだろう。個人的には秋はコンディション調整に難義しそうで、いつまでこの舞台に立つことができるかという現実的な問題に遠からず直面することになるかもしれない。


第40回東大OLK大会

6月3日に開催された第40回東大OLK大会。今年は群馬県赤城山麓での開催。同大会はJOA公認大会になっているだけでなく、しばらく途絶えていた東日本大会も冠し、さらにワールドランキングイベントでかつアジアカップの1レースにも指定されている。40回目の記念大会らしい気合の入り方に参加する方も気持ちが高まる。

8月に世界選手権が開かれるラトビアと等高線的に似ている場所もあるテレインであり、2週間後の全日本大会と同じロングディスタンス競技ということで本番を見据えたテストレースとして臨む。何より先月のKOLC大会でボロボロだったナビゲーションのリズムを整えてよい感触を得ておきたいということがあり、ラフ区間とファイン区間の切り替えをしっかり意識することを課題として臨む。

M21Eクラスの入賞者ルートはルートガジェットに掲載されているのでそちらをご覧いただきたい。

ロングということでスタートから1番はゆっくりめに入ってリズムを掴もうとする。にも拘わらず方向を定められず、まっすぐ行くつもりがフラフラしてしまい、アタックを外してしまう。暑さのせいか身体も動かず不安な出だしだった。2番は簡単なレッグで何とかこなすも、3番では道に乗れず、人に惑わされ、アタックも外し最悪のリズム。KOLC大会の悪夢再びかという予感がよぎったが、それが冷静になるスイッチとなった。

以降はナビゲーションが安定し、よいリズムでマップコンタクトができ、自分のペース走れるようになりはじめる。ロングレッグの15-16は勝負のまっすぐめルートを選択。ここまでヤブは地図表記よりもやや薄い印象を受けたので、ここも行けるだろうと最短で藪を切る判断をしたが、残念ながら地図通りのヤブでペースダウン。結果的に区間5位に沈んだが、レース中は闘志を保つ攻めの走りとなり最後まで集中することができた。体力を余らせてしまった感があり終盤慌ててペースアップするくらいの余裕もあり、結果は4位であったが再来週と8月に向けてよい感触を得ることのできるレースとなった。

会場ではアジアカップということで英語のアナウンスが常時流れていたのが印象的だった。KOLC大会もそうだったが、最近の大学クラブの大会の気合の入り方には驚かされるばかりだ。

表彰式にはぐんまちゃんも(右から1-5位)


田舎の生活その77

お茶の季節も落ち着き、もう梅雨の気配。

春から庭の一角に小さな畑を作ってジャガイモやトマトを育ててみた。土を掘り、耕す作業はなかなかよい運動であった。うまく育つようならもっと拡張させてたく、今から収穫が楽しみ。

最近試みたことと言えばもう一つは携帯電話。ソニーのスマホからシャープのパカパカケータイに変えて1ヶ月が経った。パカパカケータイといっても中身はandroidの、いわゆるガラホ。

とにかく最近のスマホは大きすぎ、山に入るときの携帯のしづらさが嫌で、電話とメールなど最低限の連絡手段さえあれば、他のことはテザリングで繋いでタブレットでやればいいじゃないかと思って試してみたが、思った以上に不便はなかった。SNSもできるしSuicaをはじめ電子マネーも使えるので普段の生活には困らない。なにより電池の持ちがバツグンによい。

欲を言えば、指紋認証でロックが外れるとよいな(今は暗証番号をいちいち入力しなきゃいけない)、カメラをクイック起動できればいいな(ロックを外さなきゃ使えない。ロゲ調査時に不便なんだ)、小さい画面でもタッチパネルの方が画像見るには便利だな(タッチクルーザーというPCのタッチパッドみたいな機能はあるが)、フリック入力のほうが打つの速いな(タッチクルーザーを応用させれば実現可能そうだが)、カメラもうちょっとがんばれ(ガラケー時代はもっとよいカメラ搭載していたはず)、グーグルアカウントに同期してほしい(せめてスケジュールだけでも、、、)、とスマホの便利さを知っているがゆえの不便はある。ただ技術的に可能でも、それをしちゃうと電池のもちを犠牲にしてしまうのかもしれない。

でもこの携帯のしやすさと耐久性(画面を割ることを気にしなくてよい!)を考えれば、パカパカケータイにもまだまだチャンスはあるんじゃないかと思うのだが。


第7回KOLC大会

2月に開催予定だったが積雪のために延期となったKOLC大会。土日仕事が盛んになる頃になると参加するのは厳しいかと諦めかけていたが、予定のない5/13に開催が決定。下記の記事にも書いてもらったが、今回の大会開催に関してはちょっとだけご縁があり(僕が薦めた場所は全然違うところだったが)、静岡県内でも本格的なオリエンテーリングマップがない伊豆地方での大会開催とあってぜひ参加したいと思っていたので、それが叶い嬉しい限りであった。

勢子辻、伊豆大島などの溶岩微地形は苦手なテレインでいつも苦戦するが、それでもだんだんと何を見ればよいのか初見でも掴められるようになってきたので、速く走るための技術を確認するためのレースと位置付けて臨んだ。

序盤、1人でやっているうちは細かなロスこそあったが、淡々と進むことができたように思う。しかし7番へ向かう途中で先行してスタートした何人かの選手に追いついたところで舞い上がってしまい、現在地確認の手続きを疎かにし、アタックポイントに設定した目標物に辿り着けなくなる。右往左往して何かを見つけようとするも地図の南端辺りにいてうまく対応できず、思い切って北に進む決断をしたところでようやく現在地を把握することができる始末。

その後、パックを離れなんとかかんとか進むものの、集団になると再びリズムを崩してしまうことが続き、13番では自分でもなぜそっちに進んだのか意味が分からない方向へ行ってしまい再びの完全ロスト。雨も降りだしアイグラスは曇るわ、腰にダメージを受けるわで泥試合の様相となってなんとかゴールにたどり着く。M21Eで41位というのは国内のレースでは2年目のインカレで45位となった以来の数字ではなかろうか。

正直なところ凹み焦るタイムと順位であったが、ミスをしたレッグでもアタックポイントに辿り着いてからフラッグまでの間には大きな問題はなかったので、ラフ区間での処理の仕方に問題があったのであろう。舞い上がってしまった原因は若い選手にちょっといいとこ見せてやろうという欲を出してしまったか、リレー的に複数の目を使って走ればよいという感じになってしまったか。もう少ししっかりとした分析が必要であろうが、その分析から得られる教訓は世界選手権でトラッキングされながら走ることへの心理的な対策にもつながると思うのでしっかり行いたい。

レース後にこの地図はISOM2017の基準を満たしているのかというのを何人かの人から聞かれたり、話をしたりした。専門家を気取るにはまだまだ勉強不足なのだが、自分自身も似たような地形のOマップを描く機会に恵まれており気になったので、スキャンした画像をもとに測ってみた。ざっと主要なところを切り取った程度だが、記号のサイズや長さに関しては概ね問題なさそうだ。最小間隔はちょっと厳しいところもある。完璧と言ってしまうとほめ過ぎだろうが、まったくダメというほどでもない。学生だけでよくここまで作ったなぁとあらためて感服する。また大会PR動画やルート解説動画など凝った大会運営も学生大会らしい一球入魂感があってよかった。毎年毎年運営主体をやっていると如何に楽して運営するか、という方向にばかり行ってしまう。大会への入れ込みが昔より減ってる気がするからもう一度気持ち入れ直そう。


第23回 根の上高原つつじ祭り大会

GWの連休の5/4、岐阜県中津川市、恵那市にまたがる根の上高原大会で開催された根の上高原つつじ祭り大会に参加。Asian Orienteering Cupにもなっている大会で香港などの選手もエントリーしていた。

この日はずいぶん涼しく、朝方は寒いくらいであった。高速道路は渋滞の心配もあったので浜松から鳳来峡、津具高原など奥三河の山の中を抜けて会場入り。途中で長年行ってみたかった岩村城跡に立ち寄ることもできた。個人的な山城の萌えポイントは、まず山が険しいこと、そして狭い所に曲輪がコンパクトに、それでいてたくさん収まっていること、そして程よい荒廃感が漂っていること(堀跡だけではだめで、石垣や井戸などの構造物が少しくらい残っているのがよい)にあると思っていて、その全ての要素を持っている城跡でずいぶん萌え萌えしてしまった。

と、連休らしく観光気分も味わいながらレースへ。長い歴史のある大会で、オリエンティアには昔から親しまれている場所だが、ちゃんと入るのは実は初めて。(2010年のアジア選手権の併設レースでスプリントコースを走ったことはある。学生時代に同大会に参加しようとしたが大渋滞で間に合わなかったという思い出も。)

久しぶりのニューテレインということで、これからやってくるレース期へ向け課題の洗い出しを行うレースという位置づけ。ミドルディスタンスの3.8kmのコースで、ウイニングタイムは27分。走りにくいテレインと聞いていたので、距離の割にウイニングタイムが早いなぁという印象だったが、結果はウイニングタイムを上回る26分弱で、トップの結城と11秒差の3位であった。

内容としては2番の植生界の角の位置を大きな沢の中心にあると読み違えてしまい(正しくは沢の中心から1つ北にある枝沢のラインであった)少しミスをしたのと、6-7でコンタリングでオープンに出るつもりが傾斜とヤブが辛くて尾根の道に逃げてしまいロスがあったくらいで、僕としてはずいぶん出来のよいレースだった。ISOM2017の図式のおかげか走りながらの読図も随分と調子よくできた。あまり課題の洗い出しにならなかったが、技術面では冬のトレーニングの成果は確実にあり、レース回数が少ないことを不安に感じる必要はないことが分かったのは大きな収穫だろう。

許可を得て掲載しています。(無断転載不可)

会場ではつつじ祭りに合わせて骨董市や餅まきも行われており、国際レースながらアットホームな雰囲気もあり、充実の1日となった。大会後はオリエンテーリング合宿の講師をするべく滋賀県へ向かい、久しぶりにオリエンテーリング三昧な5月連休を送ることとなった。