田舎の生活その69

怒涛の秋が始まった。いつもたいしたことを書いていないブログすら書くこともできず気づけば10月がすぐそこ。太鼓の音が聞こえてきた。

この秋最初のレース運営となった中日東海ブロックオリエンテーリング大会を無事に終えることができた。今回の目玉は日本ではなかなかお目にかかれないチェイシングスタート。僕もO-Ringen(オーリンゲン:スウェーデンで夏に開催される5日間大会)と15年くらい前の八ヶ岳での大会でしか経験はないが、いずれのレースいつもと違う緊張感や楽しさがあり、強く印象に残っていた。いつかチェイシングスタートのレースを開催してみたいというのが1つの目標だったが、それを叶えることができてよかった。チェイシングに残ることが日本のオリエンティアの目標になるよう、チェイシングスタート形式のレースを定期的に開催していきたい。ただ演出面はまったく手が回らなかった。今回はメインの舞台を同時開催のインターハイに譲ったので仕方がない部分もあったが。次のオリエンテーリングレース運営ではこれまでの経験を活かし演出面をもっと工夫したいと思う。

6LLクラス総合優勝の寺垣内さん

東海4県に競技者登録している選手で争われた東海選手権で優勝した谷川さん(左)と落合さん

そんなわけで田舎の生活とは関係のない話になってしまった。庭の芝はぼうぼうに伸び切ってしまっている。

last month’s achievement
・TEAM阿闍梨チャレンジ!ナビゲーション2017蓼科サマーキャンプの講師を務めました
・ナヴィゲーションインストラクター研修会にて講師を務めました
・伊豆大島ジオパークロゲイニング2017へのお誘い


筑波杯・桐嶺杯2017

百名山の瑞牆山麓で開催された筑波大学オリエンテーリング部の夏の会内杯である筑波杯に参加。会内杯だがOBOGはもちろん、一般参加も可能なレース。帰省先から戻る頃に、しかもその途上で開催されるというので家族を連れて参加することに。大きな大会だと待ち時間が多く、オリエンテーリング愛好者ではない家族を連れて行くのは結構大変。このくらいのイベントなら家族も連れてきやすい。

ずいぶん古株になってしまったがOB杯である桐嶺杯の対象でもあるので一応タイトル戦だ。とはいえオリエンテーリングは全日本大会以来で、秋のシーズンに向けてどのくらいの状態なのか確認しながらのレースともなった。案の定、精彩を欠く出来で、ほとんどのコントロールで10~20m横にずれるロスが多発。地図に意識が行き過ぎ、まわりを見ていない感じ。練習をすれば改善はされよう。ランニングペースについては維持できているが、一時期感じられた向上の兆しは再び消えてしまったような。

しかし瑞牆の森は僕の持っていた印象よりもずいぶんと走りやすく感じた。コースも色々なスキルを問うミドルらしいコースで楽しめたし、偉大な先輩方に勝って桐嶺杯を獲れたし、ようやくの夏空で瑞牆山もきれいだったし、夏休みの最後にふさわしいよい時間を過ごせた。


田舎の生活その68

なかなか夏らしい空にならない8月。大雨の後は大井川はいつも濁流で満たされる。でも風が通るので涼しい。水の少ないときは広い河原が砂漠のように熱せされるので、盆地状の地形も相まってとても暑くなるのだと思う。

夏休み。多くの人が山に海に行く話を横目に、家族を連れて妻の実家にのんびり帰省。なんというか混んでいるときにわざわざ混んでいる場所に行く気になれないんだよなぁ(山の上もしかり)。

今夏の休みは日程も短く、四国への帰省はやめたので川根の夏祭りに行ってみたりもした。帰省で戻って来ている人も多く、町がいつもより賑やかであった。そうえいば最近、保育園に通う子どもが川根弁になりつつあり、とてもかわいい。

last month’s achievement
・ぐるぐるナビ地図読み講習会レポート③ 秋には特別編が開催決定!
・OMM LITE/BIKE HAKUBA/OTARI終了、 OMM JAPANに向けて
・JOAコースプラン&リスクマネジメント研修会の講師を務めました